Dealing FX~複数時間軸でトレンド方向が異なっている場合は?

トレードする際には、大きな流れを確認し、
その大きな流れに沿って仕掛ける事が
勝率を上げる為には最も効果的な方法のひとつです。

5分足チャートをメインにトレードしている場合は、
大きな流れは30分足チャートや1時間足チャートに相当するでしょう。

30分足チャートをメインにトレードしている場合は、
大きな流れは4時間足チャートや、日足チャートに相当するでしょう。

自分がメインにしている時間足よりも数段上の時間足の向きを把握する事は
マルチタイムフレーム分析としては最も基本的な考え方ですね。

そして、単純にマルチタイムフレーム分析をするには、
メインの時間足方向を確認するための大きな時間足
という2つの時間足だけで分析する事が初心者にも分かりやすいでしょう。

例えば、メインの時間足を15分足として、
流れを確認する大きな時間足を1時間足として、
1時間足が上昇トレンドならば、15分足ではロングしか狙わない、
1時間足が下降トレンドならば、15分足ではショートしか狙わない、
という方針の決め方なら、理解もしやすいでしょう。

しかし、
トレーダーの中には、大きな流れを確認する為の時間足を
1つだけでなく、2つ、3つと用いている人もいます。

例えば、メインの時間足を15分足として、
流れを確認する大きな時間足を1時間足だけでなく、
4時間足、さらに日足までも考慮して、
総合的に複合的にトレンドを判断しようと試みているトレーダーも多いです。

確かに、複数の時間足の流れを把握する事で、
より詳細に分析できることは事実ですが、
その分、慣れや経験が必要になります。

特に、上位時間足の向きがそれぞれで異なっている場合は、
上方向有利なのか下方向有利なのか、判断に迷う事も多いでしょう。

正しいマルチタイムフレーム分析できていますか?

下記チャートはUSDJPYの日足チャートと1時間足チャートです。

日足チャートの中で赤色四角枠で囲ってあるローソク足と、
1時間足チャートの中で赤色四角枠で囲ってあるローソク足群は
同じ位置を示しています。
dealingfx140304
USDJPYは1月下旬から2月上旬にかけては、移動平均線が下降しており、
-1σ以下で推移している期間が長いので、
多くのトレーダーは下降トレンドと認識したでしょう。

しかし、下降トレンドであっても、赤色四角枠で囲ったローソク足のように、
陽線が出る日も当然あります。

その陽線部分を1時間足で拡大してみると、
今度は移動平均線が上昇している場面も多く、
+1σ上で推移している状況の時には、
多くのトレーダーは上昇トレンドと認識したでしょう。

このように、方向性を見るべき複数の時間足で、
トレンドの向きが一致していない場合、どのように判断すればよいんでしょうか。

日足のトレンドを優先しますか?
それとも、1時間足のトレンドを優先しますか?
それとも、間を取って4時間足のトレンドを確認しますか?
それとも、よく分からないから様子見にしますか?

その具体的な判定方法は、Dealing FXにあります。

Dealing FXでは、現在のトレンド方向を確認する為に、
日足、4時間足、1時間足という3つの時間軸を利用しています。

3つの時間軸の状況を分析するので、どちらかというと高度な部類の
マルチタイムフレーム分析と思われるかもしれませんが、
やるべき作業は決して難しいものではなく、FX初心者にも理解できるような
シンプルな手順の繰り返しのみです。

デイトレというその日で取引を終了させる短い時間軸でのトレードの場合は、
1時間足の方向性を把握する事が重要というのはよく知られていますが、
私のこれまでの経験では、1時間足だけでは心許ないという印象もあります。

その日の相場状況によっては、日足の影響を強く受ける事もあるので、
やはり、できる事なら、日足までの流れは確認しておきたいです。

また、日足、4時間足、1時間足と3つの時間足のうち、
どれを優先するかについて気にする人も多いと思いますが、
これはその時の相場状況やチャートパターンによって
優先順位が変わってくることも多く、一概に決める事はできません。

ある日は、4時間足を優先したい時もあれば、
ある日は、日足の流れだけには逆らいたくない、という状況もあります。

Dealing FXでも、日足、4時間足、1時間足の優先順は特に決めておらず、
全ての時間足が同等の扱いです。

もしも、いままで一つの時間足でしか方向性を確認していなくて、
それで納得のいくような分析方法ができていないのなら、
Dealing FXにおける3つの時間足でのマルチタイムフレーム分析は
試してみる価値はあると思います。

トレードで勝率を上げるには、
上に行きやすいのか、下に行きやすいのか、それとも不明なのか、
現状がどちらを向いているのかを判断する事が重要です。

Dealing FXで複数時間軸による正しいマルチタイムフレーム分析を
使えるようになれば、常に優位な方向へ仕掛ける事ができるようになります。

支持線、抵抗線、トレンドライン見えていますか?
DealingFXいつも以上に詳しいレビューでスイマセン

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ