注目チャート14/4/13~米雇用統計後はドル安傾向が継続中

4/13現在、日足レベル、4時間レベルで個人的に気なっているライン、
及び、チャートパターンをスパンモデルを含めてご紹介します。

先週は一週間を通じてドル安傾向が継続しました。
通常は、円主体で相場が動く割合が多いのですが、
先々週の米雇用統計明けの影響なのか、ドル主体で動いていましたね。

よって今回は、ドルストレート通貨ペアの現在のチャート位置を確認してみます。

まずは、ドル円の日足チャートです。
usdjpy1d140413
ドル安とともに、黒田日銀総裁の追加緩和に対する消極的な発言による円高の影響で
先週は一方的な下落傾向となりました。

その結果、下値支持線であるオレンジラインまで到達してきましたので、
まずは、このレベルで下落が止まるのかに注目です。

しかし、仮に割れとしても、そのすぐ下の緑ラインもちょっと気になりますね。

ドル円に関しては、現状のファンダメンタルを考慮すると、
日足レベルでのショートは仕掛けにくい感じもするので、
できれば、オレンジラインからの反転上昇、もしくは緑ラインからの反転上昇を
待ってからのロングの方がやり易いかもしれません。

次に、ユーロドルの日足チャートです。
eurusd1d140413
オレンジラインで引いたような上昇ウェッジのチャートパターンが継続しています。

先々週までは、デイトレをやるにも、
この上昇ウェッジの中での下落トレンドをショートするケースが多くて、
この日足のチャートパターンを把握していた私にとっては、
正直、ショートはやりにくかったですね。

しかし、先週はドル安による上昇トレンドが起きてくれて、
再びこの上昇ウェッジ内の方向である上向きに回帰してくれたので、
ロングエントリーは精神的にはやり易かったです。

しかし、全体的に見ると、
日足レベルではそれほど優位性のある状態とは言えないので
あまり積極的に手掛けたい通貨ペアとは言えないでしょう。

最後に豪ドル米ドルの日足チャートです。
audusd1d140413
こちらは豪ドル買いと相まって、上昇トレンドが明確になっています。

先のユーロドルよりも、このような通貨ペアをデイトレでも手掛けていった方が
成績が良くなるでしょうね。

現在、+1σに沿っての上昇が続いていますので、
当面はロング目線で見る事になります。

仮に、+1σを割れても、青色ゾーンで支持される可能性もありますので、
個人的には、青色ゾーン上にあるうちは、ロング目線、
青色ゾーンを潜ってきたら様子見に変更、
青色ゾーンを下割れて、遅行スパンも陰転してきたらショート目線に変更
という方針で臨んでいきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ