スパンモデルFXプレミアム~遅行スパンを利用する際の注意事項

スパンモデルFXプレミアムでは、チャート分析をする時に遅行スパンを利用します。

遅行スパンを簡単に説明すると、
スーパーボリンジャーでは、
ローソク足の終値を線でつなぎ、それを過去21本分後ろにずらしたラインの事で、
スパンモデルでは、
ローソク足の終値を線でつなぎ、それを過去26本分後ろにずらしたラインの事です。
spanmodel140417
スパンモデルFXプレミアムの中では、
チャート分析の中心的役割を担っているインジケーターであり、
私もトレードする際には最も重要視しているラインです。

この遅行スパンは、時間軸によって利用の仕方が多少違っていて、
大きな時間軸では、相場の基調判断に、
小さな時間軸では、エントリーのタイミングに、

利用できるようになっています。

例えば、デイトレをする時には、1時間足で相場の流れを確認して、
5分足で具体的なエントリータイミングを計る、
という手順を踏んでいるトレーダーは多いでしょう。

実際、スパンモデルFXプレミアムでもそのような分析方法を推奨していますが、
その時にも遅行スパンは非常に役に立つ存在です。

デイトレをする際、
1時間足で遅行スパンが陽転したら、
それは買い優勢であり、ロングを検討すべき状況であり、
1時間足で遅行スパンが陰転したら、
それは売り優勢であり、ショートを検討すべき状況です。

このルールを守るだけでも、大きな基調を外す事がないので、
有利にトレードを続ける事ができます。
spanmodel14041702

遅行スパンを利用する際の注意事項

しかし、ここで注意事項が2つあります。

まず、1つ目は、、、

確かに、遅行スパンが陽転したら、買い優勢、買い基調の状態を示していますが、
だからといって、陽転したら即エントリーOKというものではありません。

あくまでも基調判断であり、
陽転=上昇トレンド
ではありません。

買い目線で見ていった方が利益が取りやすい状況にある
という意味で捉えるべきものです。

もちろん、陰転=下降トレンドでもありません。

陰転とは、売り目線で見た方が利益が取りやすい状況にある、
という意味です。

デイトレにおける1時間足チャートは、
エントリーのタイミングを測るには大き過ぎます。

まぁ、チャートというのは、様々な形状をしていますので、
1時間足チャートでの陽転で即エントリーできるケースもないわけではないですが、
具体的なエントリーに関しては、5分足チャートの判断に委ねた方が無難でしょう。

次に、2つ目は、、、

機械的に陽転、陰転だけを見るのではなく、
それまでの流れ、チャート形状も確認しましょう。

FX初心者の人が商材を元にトレードルールを勉強すると、
どうしても暗記的に覚えてしまう傾向にあります。

陽転と言われると、実態ローソク足の上抜けばかりを見てしまいますし、
陰転と言われると、実態ローソク足の下抜けばかりを見てしまいます。

チャートは局所的に見るものではなく、俯瞰的に見るものです。

常にチャートの全体像を把握しながら、有利な場面を選択する必要があります。

例えば、今週に入ってからのEURJPYのチャートを見てみましょう。
spanmodel14041703
赤丸で囲った部分に関してですが、
週明けの寄付きはギャップダウンから始まっており、
遅行スパン的には陰転となっていますので、
ルール上は売り優勢と判断すべき状況といえますが、
チャート的には明らかに持合ですよね。

また、赤丸の中には、途中僅かに遅行スパンが陽転する場面があったり、
陰転する場面があったりしますが、
それを機械的に受け止めてロングポジションを持ったり、
ショートポジションを持ったりしては、
持合に捕まって損切の繰り返しとなってしまいます。

このような持合での陽転・陰転は、
チャート形成上「たまたま」起きてしまった結果であって、
その後の継続性が見られない以上は、行動を起こすべきポイントではありません。

遅行スパンの利用に際しては、

・基調判断という認識ができていない
・丸暗記で機械的に判断してしまう
・俯瞰的にチャートを見ていない

このような間違いは正していかないと、トレードの成績向上も望めないでしょう。

その後の青色四角枠では、持合から長い陽線が出現して明確なブレイクが起こり、
週明け寄付きの窓を埋めたのちも、トレンドの継続性が見られますね。

こうした状況になった段階で、はじめて買い目線に変更し、
具体的なエントリーポイントを探すために、
5分足チャートに移行できるようになります。

以上、デイトレする際の大きな時間軸における
遅行スパンの役割についての解説でした。

私こすぎもチャートには必ず表示させているお気に入りの商材です。
マーフィーのスパンモデルFXプレミアム詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ