恋スキャDXの実践、通貨の力関係を把握して主の動きに乗っているか

私は昼間は株式相場でデイトレをしているんですが、
昨日は早めにポジションがクローズしたので、
久しぶりに東京時間から為替市場にシフトしました。

FXにおける東京時間というと、基本的にはレンジ相場になりやすい傾向にある、
と言われていますが、この日は午前中からトレンド発生となりましたね。

これまでの経験からは、東京時間の朝9時から15時までの6時間
ずっとトレンド状態で推移する事はほとんどないので、
昼過ぎからはレンジ的な動きも見せるだろういう想定の元での
恋スキャFXビクトリーDX完全版でのトレードです。

昼過ぎに行った3トレードをまとめて載せておきます。
上から順番に、EURJPY,GBPJPY,EURUSDの5分足チャートです。

青色矢印赤色矢印がありますが、
青色矢印はロングのエントリーと手仕舞い、
赤色矢印はショートのエントリーと手仕舞い位置を表しています。
EURJPY5分足チャート
EURJPY5M14091101
GBPJPY5分足チャート
GBPJPY5M14091102
EURUSD5分足チャート
EURUSD5M14091103
EURJPYとGBPJPYのロングは、ともに「レンジ対応型」手法によるエントリーで、
EURUSDのショートは、「高速スキャル」手法によるエントリーですね。

EURJPYとGBPJPYはレンジ相場というよりも、
トレンド中の押目を捉えた、という見方のほうが正しいでしょうか。

初押しは買い」という格言もありますが、
レンジの下限と押目の位置がタイミング良く一致したチャート形状となってくれて
ストレスなくトレードできました。

また、EURUSDは典型的な戻り売りのチャートパターンとなってくれて、
直近安値付近で手仕舞うところまで、想定通りのトレードですね。

ちなみに、上記のEURJPYとGBPJPYでは
チャートの形状が似ている事に気づかれると思います。

共にクロス円の通貨ペアであり、円主体の動きになった場合には
クロス円は似たような波形を描く事が多いですね。

そしてこの日、特に意識したのは、円売りの流れに乗る事でした。

なぜ円売りの流れに乗る事を意識したのか、、、
それは上位時間軸である1時間足チャートを見れば分かります。

こちらは、今週に入ってから昨日水曜日までの3日間の1時間足チャートです。

上から順番に、EURJPY,GBPJPY,USDJPYですが、
各通貨ペアともに、似たような上昇トレンドとなっていますね。
MTF1H14091104
3つの通貨ペアが共に上昇トレンドという事は、
今週に入ってからは “ずっと円売りの流れが続いている” という事ですね。

という事は、
1時間足レベルで円売りによる上昇トレンドとなっているなら、
5分足レベルで円売りによる上向きの流れが発生し、それに乗る事ができれば、
ある程度の値幅は期待できると思いませんか?

上記の恋スキャDXでのEURJPY,GBPJPYの5分足トレードでは、
ユーロ買いの流れに乗っているのではなく、また、
ポンド買いの流れに乗っているのでもなく、
どちらも円売りの流れに乗っています。

大きな1時間足の流れの主体となっている通貨の動きに乗っているので、
スキャルピング程度の小さな値幅なら高勝率を期待できるんですね。

もしも、上記の5分足チャートを見ていて、
EURJPYがユーロ買いで反転上昇したとしたら、
GBPJPYがポンド買いで反転上昇したとしたら、
たとえ、恋スキャDXのルール通りだったとしても
エントリーは控えていたかもしれません。

また、この日はロンドン時間にも3回トレードを行いましたので、
解説は省いて、チャートだけを載せておきます。

青色矢印はロングのエントリーと手仕舞い、
赤色矢印はショートのエントリーと手仕舞い位置を表しています。
EURUSD5分足チャート
EURUSD5M14091105
USDJPY5分足チャート
USDJPY5M14091106

東京時間に1時間ほど時間をかけて、3回トレードを行って3勝0敗、
ロンドン時間にも1時間ほど時間をかけて、3回トレードを行って2勝1敗、
併せて2時間ほどのトレード時間で5勝1敗、
合計+24PIPSならまあまあの成績でしょう。
result14091107

私としては、通貨の力関係を把握して、
できるだけ今の相場を動かしている主の通貨の動きに乗りたいと思っています。

恋スキャFXビクトリーDX完全版では、
5分足チャートだけ、1つの通貨ペアだけでのトレード解説となっていますが、
複数通貨ペア、複数時間軸での監視を加える事で、
このように、より詳細により高勝率のトレードができるようになります。

単にレンジの下限から反発上昇、レンジの上限から反転下降というのは、
多くのトレーダーがやっている事で、エントリーの根拠としては
材料不足でちょっと心許ないですね。

ですので、この記事のように
主たる通貨の動きに乗る事を意識してみるのも良いと思いますよ。

FXトレードを短時間でぱぱっと終わらせたいなら、、、
恋スキャFXビクトリーDX完全版、ぱぱっと読めない詳細レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ