チャート分析能力という脳内神経ネットワークを太くするには?

FXに限らず、どの分野の職業でも、一人前になるには経験が必要です。

当たり前のことですね。

医師、アナウンサー、保育士、料理人、声優、、、
特に専門色の強い分野ほど、長年の経験がものをいうでしょう。

トレーダーという職業も(職業として認識しているかどうかは別として)
一般的には専門色の強い分野といえるので、
やはり経験を積んだ方が何かと有利になります。

しかし、FXというのは、誰でも簡単に証券会社に口座を開設できますし、
少額から始められるので、

「物は試し!」

で、興味本位でリアルトレードを始めてしまう人が多いです。

それで勝ち続ける事ができれば良いのですが、、、まぁ、無理でしょう。

医大を卒業したばかりの新米医師にメスを持たしても、
発声練習しかしたことのない新米アナウンサーに原稿を渡しても、
子供が好きなだけの新米保育士に子供を預けても、
まともな仕事はできないです。

それと同じで、ルールを覚えただけのFX初心者にチャートを見せても
まともなトレードはできないです。
img15031301
トレード歴が長くなってくると、
それまでのトレードの積み重ね、経験の積み重ねが重要だと分かってきます。

特に、FX初心者と年単位のトレード経験のある人だと、同じチャートを見ていても
チャートの見るべきポイント、というか
チャート自体の見え方が違ってくるでしょう。

また、同一人物でも、
参考書を読んだ程度の数ヶ月くらいしか経験のない初心者時代と、
何年もチャートを見続けて毎日データを取り続けた中堅時代とでは、
やはり、チャート自体の見え方は違ってくるものです。

私がそうでしたから。

私の初心者時代、本気でトレードで勝ちたいと思ってからは、
自分のトレード履歴に関しては、
その時のチャート画像と共にデータを保存するようにしています。

しかし、今改めてその時のトレード履歴を振り返ってみると、
全然的外れな事を書いていたり、見るべきポイントが違っていたりするんですよね。

今の私からすると、

どうしてこのサポートラインに気づかないの?
なんでここでロングを仕掛けられるの?
注目すべきポイントはそこじゃないよ!

と、初心者時代の自分にツッコミしたくなることばかり書いています。

特に今と大きく違うところは

  • チャートを大きく見る事ができず、直近の動きしか注目していない
  • インジケーターの動きばかり注目している

でしょうか。残しているコメントが、ほんと幼稚なんですよね。

今振り返ると不思議なくらい、“部分”でしか見ていません。
最新のローソク足20~30本だけの動きばかり注目しているんですね。

初心者ほどチャートを近視眼的に見てしまう傾向にありますが、
私も同様な傾向にあったんですね。
img15031302

このようなチャートの見方に対する悪い癖を直すためには、
商材などから正しいチャートの見方を学びつつ、
それに則って毎日のようにチャートを見続ける事が必要です。

俯瞰的にチャートを見る事ができているのか。
皆が意識するであろうレジスタンスライン、サポートラインはどこなのか。
高値は切り下がっているのか、安値は切り上がっているのか。

毎日のように “正しくチャートを見る” という経験を積んでいけば、
徐々に自身の脳が “チャート専用の脳” に切り替わっていきます。

脳科学者で有名な茂木健一郎さんは、

脳の回路は筋肉と同じで使えば使うほど太くなる

と仰っています。

脳は外部から刺激を受けると、神経細胞に電気信号が走って、
他の細胞とつながり、回路が作られていきます。

細胞と細胞のつなぎ目は “シナプス” と呼ばれ、
繋がったばかりのシナプスというのは細くて弱いものですが、
関連する刺激を何度も受け続けると、徐々に太くて強固なものとなり、
より情報が通りやすくなります。

そして、回路自体も増え続け、
その刺激に対する巨大で頑丈な神経ネットワークが出来上がっていくと、
その刺激に対する才能が少しずつ開花するようになっていきます。
img15031303

こうした脳内の神経ネットワークの形成には
どうしてもそれなりの時間経験が必要となってきます。

たとえば、全く同じ勝てる手法をFX初心者と経験者に教えた場合、
経験者は勝てますが、初心者は勝てない、という事は普通に起こり得ます。

なぜなら、
チャートを見る能力“という神経ネットワークが細いか太いかで、
チャートに対する解釈、手法に対する解釈、ひいては裁量余地、マインドの置き方
などが違ってくるので、
それがエントリーと手仕舞いの違いとして表れてくるからです。

手法やマインド、資金管理などは言葉で教える事はできますが、
経験は教える事はできません。

楽して一人前になりたい、短期間で一人前になりたいと誰でも思いますが、
それは他の職業と同様に無理です。

本当に一人前になりたい、本当に勝ちたいのなら、
初心者のうちから継続的に経験していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ