合気道FX~トレンド転換を待たずに利確した方が今の相場と合っている?

ひとつ前の記事でも書きましたが、
先週あたりからユーロ買い、ポンド買いが継続しています。

ユーロに関してはギリシャ問題の報道がありながらも堅調に推移していますし、
ポンドに関しては総選挙を織り込む動きなんでしょうか、
やはり堅調に推移しています。

しかし、単に買わ続けているのではなくて、途中には大きく売られる場面もあり、
高ボラティリティ相場の中、大きく振幅しながらの
ユーロ買い相場、ポンド買い相場となっています。

こうした状況ではタイミングよくエントリーできれば大きく取れるんですが、
エントリー位置が悪かったりすると、反転場面に遭遇する事も多く、
振幅が大きい分、ストップの位置も大きくせざるを得ないケースもあって、
順張り手法であってもなかなか機能してくれない相場状況だと
感じているんですがどうなんでしょうか。

皆さんはそうは思っていないんでしょうか?

私が普段見ている15分足チャートで損小利大方針で臨むと、
トレンド転換場面に当たってしまうケースが最近多くて
ちょっとやりづらいと感じています。

こうした状況での考え方の一つとしては、
メインで見る時間足を小さくする事で、トレード時間を短くし、
トレンド転換場面に遭遇する確率を小さくして、
しかも、損小利大方針で臨むのではなく、
ある程度動いたら反転を待たずに利確してしまう

という方針で対処する方法が考えられます。

こうすると、大きな利は望めなくなり、
しかも、チャートを注視する時間も長くなってしまいますが、
その分、小さな利を積み重ねる事ができるので、
今の相場にはあっているのかもしれません。

という事で、
昨日は、今の相場状況と相性が良さそうな合気道FXでトレードをしてみました。

合気道FXのデフォルトの通貨ペアは、ユーロ円とポンド円になっていますし、
更に、この商材の手法は1分足メインですし、尚且つ、
購入者限定のシークレット記事の中で提示しているイグジット方法が
機能しそうだ推測されるからです。

トレンドが明確になってから仕掛けを考える

以下は今週月曜日のトレードです。
この日は21時から24時の3時間ほどを合気道FXのトレードに充てました。

最初の21時台はあまり方向性がハッキリしておらず、
20~30PIPS程度のレンジっぽい相場で、あまり良い状況とは言えず、
様子見していましたが、22時過ぎたあたりから
ようやく最近の動きであるユーロ買い、ポンド買い(円売りも?)が起きてくれて、
上昇トレンドとなってくれましたので、
それを確認してから仕掛けを考えるようになりました。

まずは、ユーロ円の1分足チャートです。
aikidofx15042801
横軸は日本時間で、22時までは横ばいとなっていてるのが分かります。
そして、22時を過ぎてから、長い陽線が出現したのを確認して
仕掛けを考えるようになりました。

そして、最初の青色矢印でロングエントリー、
次の青色矢印でイグジットしています。

具体的なエントリーとイグジットのタイミングに関しては、
購入者限定のシークレット記事に書いてあるものを利用しています。

合気道FXの動画の中でも時折解説されていますが、
最後の噴き上げ時点でタイミング良くイグジットの条件に一致してくれて、
ベストなトレードといえるでしょう。

ちなみに、
エントリー前にはオレンジラインのようなレジサポ転換が見られましたので、
チャート形状的にも優位性のあるトレードでしたね。

次に、ポンド円の1分足チャートです。
aikidofx15042802
22時前までは明確な方向性は出ていませんでしたが、
22時を過ぎたあたりから徐々に上向きになっていきました。

やはり、オレンジラインレジサポ転換が見られますね。
このチャート上では左に消えてしまって分からないですが、
実はこのラインは19時台の高値とのレジサポ転換でもあります。

それを確認して、直近高値を抜けたを見て青色矢印の位置でロングエントリー、
そして11分後、反転する前に次の青色矢印の位置でイグジットして終了です。

その後、もう一度チャンスがあるかもと思い、監視を続けていましたが、
23時過ぎてからは調整の下落が優勢となりました。

よって、再度上げるようなら押目買いを狙おうと思っていたんですが、
24時手前に急騰してしまい押目のタイミングがとれず、
仕方なく、直近の高値抜けを待ってからの2度目のロングエントリーとなりました。

そして8分後、最後のひと伸びっぽい動きを見せたところでイグジットです。

chart15042803
結果この日は、3回トレードして3勝0敗、合計+53PIPSとなりました。

このように最近のユーロとポンドは、反転までポジションを引き延ばさずに、
ある程度買われ過ぎ、売られ過ぎとなったら
反転前に手仕舞った方が良いのかもしれませんね。

インジケーターを駆使しての1分足スキャルピング
合気道FX詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ