恋スキャDXの実践、相場を動かしている通貨を含む通貨ペアを優先的に

昨日金曜日の東京時間に、恋スキャFXビクトリーDX完全版に基づいて
相場を監視しましたので、その時のトレードを紹介します。

通常、東京時間というと、大きく動くケースは少なくて、
レンジ相場となる事が多いですね。

仮にトレンドとなった時には、円が主体となって相場を動かし、
USDJPYでいうと、円売り主体の上昇トレンド、または円買い主体の下降トレンド
となるのが一般的でした。

しかし最近は、円関連のニュース、材料が乏しいので、
東京時間でも円主体で動くケースが少なくなっている印象があります。

また、株式市場との連動性も薄れてきていますね。

以前なら、USDJPYが数PIPSピクピクと動くだけでも、
日経平均先物がそれに敏感に反応して動いたものですが、
アルゴリズム売買の変化なのか、最近はそのような現象も起こっていないですね。

市場間の常識として、
ドル円が上がれば日経平均も上がる、ドル円が下がれば日経平均も下がる、また、
ドル円の5分足チャートと、日経平均の5分足チャートは似たような波形を
描くものでしたが、最近はそのような傾向もほとんど見られません。

ある意味、日経平均という余計な材料を考慮しなくて良い分、
為替だけを見ていれば良いので、取り組みやすいともいえるでしょうか。

昨日金曜日も日経平均と為替は全く連動せず、
そして、円は関係なく、ドル売り主体で動いていました。

なので、トレード対象としては、USDJPY、EURUSDが候補だったのですが、
チャートの綺麗さを優先してEURUSDを中心に監視していました。

EURUSD5分足チャート
koiskya15052301
私は12時から15時までの3時間をトレード時間に充てていたのですが、
この日は監視開始から綺麗な上昇トレンドになっていました。

このようなチャート形状の場合は、
恋スキャにおける「高速スキャル」ロジックが適用できますね。

最初の青色矢印でロングエントリー、次の青色矢印で決済となっています。

一旦利確した後、再度下がって移動平均線付近で反転上昇するようなら、
同じようなトレードを繰り返す予定でしたが、
移動平均線で止まらずに割ってきてしまったので、
こうなると「高速スキャル」のロジックは適用できません。

しかし、俯瞰的に見ると、上昇トレンドが崩れたわけではないので、
やはりロングエントリーを狙っていきたい場面に変わりはないです。

そこで今度は、恋スキャFXビクトリーDX完全版における
レンジ対応型」ロジックのシナリオに変更して待ち伏せします。

そして、2回目のエントリーは上記チャートのとおり、
ボリンジャーバンドの下限あたりの青色矢印でロングエントリーして、
ボリンジャーバンドの上限あたりの青色矢印で決済しています。

ちなみに、この2回目のトレードは、
単にボリンジャーバンドの下限になったから逆張り的にロングエントリーした
というわけではないですからね。

それ以外にも複数の要因が合わさって
勝てる確率が高いと思っているからこそのエントリーです。

そして、その要因の一つに、恋スキャにおける「レイヤートレード」があります。

レイヤートレードの具体的な説明は控えますが、
このトレードは「レンジ対応型」ロジックに適応できる場面でもあり、
且つ、「レイヤートレード」の適用場面でもあるからこそ、
エントリーする価値があるんですね。

更には、EURJPYでもトレードを行いましたが、
こちらはスマートなトレードではなかったですね。

やはり、ドル主体で動いている時に、
クロス円でのトレードは動きが緩慢でやり難いです。

EURJPY5分足チャート
koiskya15052302
一応、緩やかな上昇トレンドなので、
高速スキャル」ロジックでシナリオを立てていましたが、
どの程度まで引きつけてからエントリーすれば良いのか、
トレンドが緩やかで判断しづらかったので、このトレードでは、
恋スキャにおける「ゾーントレード」も応用的に利用しています。

ゾーントレードの具体的な説明は控えますが、
上記チャートでは、最初の青色矢印で最初のロングエントリー、
そして、次の青色矢印で追加のロングエントリー、
最後に、3つ目の青色矢印、つまりボリンジャーバンドの上限あたりで、
まとめて決済しています。

このトレードに関しては、分割エントリーという意味合いなので、
これで1つのトレードという解釈です。

result15052303
結局この日は12時~15時までの3時間監視で3回トレードして
3勝0敗合計+35PIPSとなりました。

上記チャートを見ると、
トレード終了後15時過ぎてからもユーロ買いでレートが伸びているので、
決済が早いと思ってしまうかもしれませんが、
最初から予定したシナリオ通りの決済なので、これはこれで適切なトレードです。

個人的にも、15時~16時までの時間帯は、
株式のデータのまとめとその後の為替の準備に充てており、
その間のトレードは一旦中止としている場合が多いです。

FXトレードを短時間でぱぱっと終わらせたいなら、、、
恋スキャFXビクトリーDX完全版、ぱぱっと読めない詳細レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ