トレードと平常心~ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンとは?

先の記事では、
人間の感情や心理に密接に関連している神経伝達物質として
ドーパミンノルアドレナリンセロトニン
を挙げました。

人間の心理状態は常に一定ではありません。

日常生活では様々な場面に遭遇しますが、
その時々によって感情の起伏が起きるものです。

普段は優しい人でも、仕事がうまくいかないとイライラしたり、
時には怒ったりする事もあるでしょう。

そうした感情の変化は、神経伝達物質の働き具合によって生じる変化ともいえます。

つまり、それぞれの人間が持っている
ドーパミンノルアドレナリンセロトニン
の伝達具合、どの神経伝達物質が強く働いているかによって
その時の感情が変化しているわけです。

では、
ドーパミンノルアドレナリンセロトニン
の「3大神経伝達物質」とは
具体的にどのような感情をつかさどっているんでしょうか?
synapse16022701

ドーパミン

ドーパミンとは、脳を興奮させる興奮物質のひとつです。

そして、ドーパミンによってもたらされる興奮は
「快感」「意欲」「喜び」
といった、人間が生きていく上で必要不可欠な「快の感情」に関係しています。

たとえば、テストで良い点数を取ったり、
スポーツで好成績を残したりすると、
喜びと気持ち良さを感じますが、
それと同時に、「次はもっと頑張ろう」という意欲も湧いてきますね。

つまり、報酬を目指して一生懸命努力して
実際にその報酬が得られると、さらなる意欲が湧いてきて、
より一層努力できる、という仕組みになっています。

人間が次の目標に向かって努力を続けるという意思を持ち続ける為には
ドーパミンという神経伝達物質は非常に有効なんですが、
その反面、ここには弱点も隠されています。

それは、報酬が得られなかった時です。

人間社会においては、努力をしたからといって
必ず報酬が得られるわけではありません。

努力が無駄に終わってしまう場面だって頻繁に遭遇します。

ドーパミンは、報酬が得られる限り
「もっと、もっと」
と意欲的に努力し続けるように仕向けてくれますが、
その反面、報酬が得られなくなると、
得られるはずの「快」を失った事が「不快」として認識され、
それが大きなストレスとなってしまいます。

人間の「快」という報酬を求める気持ちはとても強いので、
それが得られずに「不快」に転じ、そのストレスが溜まっていくと
場合によっては「依存症」という病気につながってしまうケースもあります。

依存症というと「アルコール依存症」が有名ですが、
これもお酒という「快」を求め続けた結果の病気です。

お酒が切れると「快」が得られないので、それを「不快」に感じ
そのストレスを解消したくなって、どうしてもお酒が欲しくなる、
という悪循環で、最後にはお酒のためなら何でもするようになってしまいます。

こうなってしまうと、自分の意思では制御できなくなってしまい、
正常な心の状態ではないので、病院での治療が必要となります。

依存症にはその他にも、薬物依存症買い物依存症ギャンブル依存症など
いろんな種類がありますが、トレード依存症
いわゆる “ポジポジ病” もこの部類に属しています。

ドーパミンはちょうど良い状態にあれば、
意欲や積極的な心の状態を作ってくれるので、
生きていく上ではとても大切な物質なんですが、
それが満たされず、ストレスが溜まって、その供給が過度になってしまうと、
依存症という深刻な事態をもたらす危険性も持っています。
fxdrunken16022702

ノルアドレナリン

ノルアドレナリンもドーパミンと同じで脳を興奮させる興奮物質のひとつです。

しかし、ノルアドレナリンによってもたらされる興奮は
「怒り」「危険に対する興奮」
といった、不快な感情や生命の危機に対処するためのものです。

たとえば、敵を前にしたリング上のプロレスラーは、
ノルアドレナリンによって脳が興奮している状態といえるでしょう。

また、私達も、誰かがミスしたり、連絡がうまく伝わらなくて
仕事がうまくはかどらないと、イライラしたり、腹が立ったりしますが、
これも怒りによって脳が興奮している状態です。

ノルアドレナリンは、自律神経に作用して血圧を上昇させ、
心臓の鼓動を速めて、危険な状況に対処するための準備を整えてくれます。

なので、適度な量であれば、脳に適度な緊張をもたらしますし、
集中力や記憶力を高める作用もしてくれますので、
仕事をする上では必要不可欠な物質といえます。

しかし、これも過剰に供給し過ぎると悪影響をもたらします。

ノルアドレナリンが過剰になる主な原因は、外部からの過度のストレスです。

ストレスが強過ぎたり、溜まり過ぎたり、長期間にわたって受け続けると、
ノルアドレナリンが過剰になり、脳の興奮が自分で制御できなくなります。

そうなると、ストレスや不安に対する反応がうまくいかず、
攻撃的になったり、キレたり、ヒステリーを起こしたりします。

トレードにおいても、損切りが続いてしまうとイライラしたり、腹が立ったりして、
頭に血が上った状態のままで、ルール無視のトレードを繰り返したり、
過剰なロット数で一発逆転を狙ったりしてしまいますが、
これはまさに脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンが
過剰に供給されて制御が効かなくなっている状態ですね。
fxangry16022703

セロトニン

セロトニンとは、脳全体のバランスを整え、その状態を維持してくれる物質です。

つまり、セロトニンによってもたらされるのは、
「平常心」「安定」
といった、心の状態を整える機能です。

具体的には、ドーパミンやノルアドレナリンの過剰な供給を
抑えてくれる働きがあります。

ドーパミンとノルアドレナリンは生きていく上で必要不可欠な物質ですが、
先に紹介したように、強過ぎると問題が生じます。

そこで、セロトニンがこの2つの物質を適度にコントロールする事で
「快」「不快」「怒り」といった精神的な昂り(たかぶり)を
上手に抑えてバランスを整えているわけです。

なので、セロトニンが神経細胞間で適切にやり取りされていれば、
外部からのストレスに対してもイライラしたり、キレたりする事もないですし、
逆に、嬉しい事があってもはしゃぎ過ぎたり、
舞い上がったりする事もなくなります。

しかし、ここで誤解してほしくないんですが、
決してロボットのようになるのではなく、
つらい事はつらいと感じますし、嬉しい事は嬉しいと感じているわけですが、
そうした感情を自分で冷静にコントロールできるようになるわけです。

人間ですから、嬉しい出来事があったり、悲しい出来事があったり、
ストレスに悩む事もあるでしょう。

そして、一時的にはそのような感情に流されてしまう事もあるかもしれませんが、
セロトニンが正常ならば、そこからすぐに平常心を回復できるようになります。

また、セロトニンによってもたらされる平常心とは、
他の神経伝達物質を適切に制御してくれるので、
適度な緊張感を持ちつつ、自分の能力を最大限に発揮できる心の状態とも言えます。

なので、トレードにおいては最も重要な物質なんですね。

ドーパミンやノルアドレナリンの過剰供給による暴走、
つまり、ポジポジ病、リベンジトレード、過剰ロットトレード、ルール無視トレード
といったトレードの悪癖をセロトニンによって抑えてもらう事で、
常に冷静に、適度な緊張感で、
自分自身を律してトレードに臨めるようになるわけです。

fxrelax16022704

ここまでの説明で3大神経伝達物質の役割と
それらのトレードに対する影響が理解できたと思います。

では、これらを踏まえた上で、
トレードで平常心を維持するためには何が必要なのか、、、

それはもちろん、
セロトニンの分泌量を増やして神経細胞間のやりとりを正常に保つ事ですね。

でも、そんな自分の意思で変える事の出来ない脳内の物質を
どうやって変えたらよいんでしょうか?

それは次回に続きます。

今まで平常心を保とうと無理矢理心を縛りつけようとして失敗ばかりしてきた人は
もしかしたら、脳内のセロトニンの分泌量が
少なかったのが原因だったのかもしれません。

そういう方は、次回の方法を試してみて下さい。
うまくいけば、上記のような悪癖トレードを防げるようになるかもしれませんよ。

To Be Continued…

2 Responses to “トレードと平常心~ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンとは?”

  1. […] 前回の記事では、 トレードで平常心を維持するためには、 心を無理矢理押さえつけて冷静を装うのではなく、 脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量を増やす事で 神経細胞レベ […]

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ