無事退院しました~手術とトレードの共通点について

約1週間ぶりのブログ更新となりますが、
3泊4日の入院生活を過ごした後、無事退院する事ができました。

お見舞いメールをくださった方々、
どうもありがとうございました。

入院となると、先の見えない不透明感から
いろいろと不安な気持ちになるものですが、
私自身は2年前にも入院を経験していて、
病院内での生活に関しては、それなりに理解していたので、
今回はわりと落ち着いて過ごす事ができました。
hospital16080301

ちなみに、
「入院経験のある人ってどのくらいいるんだろう?」
と疑問に思って、ちょっと調べてみたんですが、
直近5年以内に入院した経験のある人の割合は約15%
なんだそうです。

このブログを見ている読者様も、
多くの方は入院の経験は無いと思いますが、
参考までに、
入院から退院までどのような事をやるのか、
事務的なものも含めたその手順を軽く紹介したいと思います。

私の場合は、市立病院というわりと大きめの病院での入院でしたが、
簡単な手術の場合は、どこの病院でも以下のような手順になると思います。

  1. 病院の受付に行って入院の手続きをする
  2. 資料をもらって病棟内のナースステーションへ行く
  3. 看護師さんから病室へ案内されて、ひととおり病院内生活の説明を受ける
  4. 手術の担当医から手術の説明を受ける
  5. 病室に戻って休憩、事前に点滴などの処置もあり
  6. 手術
  7. 術後の経過を見て退院日を決める
  8. 退院時に受付に行って入院費の支払い

分からない事があれば看護師さんに聞けば良いだけです。

事前に手順が分かっていると、入院時の不安も軽減されますね。
hospitalbed16080302

入院が好きという人はあまりいないと思いますが、
私自身は入院生活はわりと好きですね。

もちろん、命に関わらない簡単な手術だから言えることなのでしょうが、
病室内での非日常のスローライフは、気分転換にはもってこいだと思います。

朝6時に起きて夜21時に消灯する生活なんて
入院時くらいしか経験できないですからね。

それに食事が結構美味しいです。

一般的には病院の食事って味気なくて美味しくない、という印象もありますが、
実際には普通に美味しかったです。

確かに多少薄味ですし、量的にも少ないと感じる人が多いと思いますが、
元々小食で塩分を気にしている私にとっては、願ったり叶ったりの食事でした。

手術とトレードの共通点

トレードのブログに私の入院感想を書いてもあまり意味がないので、
この話題はこのへんで終わりにして、多少トレードの話もしたいと思います。

ご存知の通り(?)
私は何でもトレードと結び付けて考えてしまう癖があるんですが、
今回の入院でもトレードとの共通点を見つけてしまいました。

上記の
4.手術の担当医から手術の説明を受ける
では、
実際に手術を行ってもらう担当医から、
現在の病状、手術の目的、手術の方法、
麻酔の方法、合併症の危険性などを一通り説明してもらう事になります。

その際、体のどこからメスを入れるのか、
患部に対して「A」という処置を行う事を基本とするが、
患部の状況によっては「B」という処置に切り替えたり、
「C」という処置を施す可能性もある事にも言及して、
あらゆる可能性を考慮したシナリオを前もって立てている事に気づかされます。

決してその場の思い付きで手術をしているのではなく、
レントゲン写真やCTスキャンなどの材料を元に、現状を多角的に把握して、
適切な処置を施す準備が既に整った状態で手術に臨んでいる事が分かります。

これはトレードでも同じだと言えます。

トレードする際に、どこからエントリーするのか、
手仕舞いに関しては、「A」という決済を行う事を基本とするが、
レートの動きによっては、「B」という決済に切り替えたり、
「C」という決済を行う可能性がある事も分かっていて、
あらゆる可能性を考慮したシナリオを前もって立てているわけです。

決してその場の思い付きでトレードをしているのではなく、
マルチタイムフレーム分析やサポレジなどの材料を元に、現状を多角的に把握して、
適切な処置を行う準備が既に整った状態でトレードに臨んでいるわけです。
ready16080303

担当医から手術の説明を聞いている最中にも
つい、上記のようにトレードと関連付けて考えてしまいます。

私の場合、身体的な病気よりも、
「何でもトレードと結び付けて考えてしまう病」
という精神的な病気の進行状況がひどくて、既に手遅れのようです(笑)。。。

体調的にはまだ本調子ではないですが、
徐々に元の生活に戻していこうと思っています。

今回の病気は、定期的に行っている健康診断で見つかったんですが、
自分的には予想外のところから異常が見つかったので、
やはり、定期検診による早期発見は重要だと改めて気づかされました。

皆さんも最低限、年に一度の健康診断は受けるようにした方が良いですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ