プライスアクションFXトレードマニュアル~環境認識を最重要視した商材

FXでトレードする際に、環境認識が重要だという事は
トレード経験が長い人ほど理解していると思います。

FX初心者にとっては、”環境認識“というその言葉のイメージから
抽象的で分かりにくい印象を持つかもしれませんが、
要するに、現在の相場状況を適切に分析する為の方法論の1つですね。

同じような意味を持つ言葉に、
マルチタイムフレーム分析“というものもあります。

これも現在の相場状況を分析する為の方法論ですが、
こちらはその言葉通り、
複数の時間軸にわたって分析する事を主眼に置いています。

それに対して、環境認識とは、
複数時間軸に限らず、単一時間軸においても、
今の相場状況が買い優勢なのか、売り優勢なのか、総合的に分析する
という意味合いが含まれていると私は解釈しているので、

環境認識 ⊇ マルチタイムフレーム分析

という数式が成り立つと思っています。

つまり、相場を分析するという広義な意味では、
環境認識“という言葉を使えば良く、
その中でも特に、複数時間軸の分析をメインに取り上げている場合は、
マルチタイムフレーム分析“という言葉を使うべき、
という解釈で問題ないと思っています。

私の独自の見解ですが。
fxenvironment16102601

体系的な環境認識ができる商材

言葉の解釈はどうでも良いですが、
環境認識に使う為のテクニカルな分析手法、分析道具はいくつかあります。

代表的なのは、
ダウ理論、トレンドライン、サポレジ、チャートパターン
といったプライスアクションに基づく方法。

また、移動平均線、ボリンジャーバンド、
といったテクニカル指標を利用する方法。

さらには、最近のFX商材では、
独自開発したインジケーターをチャートに設定する事で
自分で環境認識をする必要がなく、矢印等で教えてくれるものもありますね。

そうした中、今回新たに紹介する
プライスアクションFXトレードマニュアル」は
ダウ理論、トレンドライン、サポレジを体系的に組合せ、
環境認識作業を分かりやすく説明した解説書的存在のFX商材です。

priceactionfx16102602

先にも書きましたが、環境認識というと
どうしても抽象的なイメージを持ってしまいがちです。

ダウ理論という言葉自体は知っているし、その基本法則も知っているが
具体的に何をどのようにトレードに活用したら良いのか分からない。。。

トレンドラインという言葉自体は知っているし、実際に自分で引いてみるが、
具体的に何をどのようにトレードに活用したら良いのか分からない。。。

そういったFX初心者は多いでしょうし、
また、ある程度の経験者でも、自分の手法内に
明確にダウ理論やトレンドラインを組み込んでいない方も多いでしょう。

そのような方には「プライスアクションFXトレードマニュアル」での
明確なダウ理論、トレンドラインの定義、
及び、その分析手順は非常に参考になると思います。

もちろん、これは裁量トレード用の商材であり、
自分でラインを引いて、実践を繰り返して学習していく必要があるので、
慣れるまでにはある程度の時間がかかるでしょう。

しかし、明確な根拠を持った環境認識作業は
あなたのその後のトレード成績に大きな変化をもたらす可能性があります。

環境認識の重要性に気づいている方は
さらに詳細を解説しているレビュー文も参考にしてください。
プライスアクションFXトレードマニュアルの詳細レビューへ

PS.

現在「プライスアクションFXトレードマニュアル」専用の独自特典を思案中です。

当初は、環境認識作業をより簡単にする
独自インジケーターを開発提供しようと思っていたんですが、
この商材を全て読み終えてみると、
「これほど明確化された環境認識作業に独自インジケーターは必要ないかも」
と思うようになり、今では別の特典案を考えています。

まだ特典の方向性は決めていませんが、
この商材の弱点としてトレード実践集が少ない事が挙げられるので、
それを補うような特典を提供しようかなぁ、とも考えています。

もちろん、特典完成前に
「プライスアクションFXトレードマニュアル」をご購入したとしても
完成した特典は全ての購入者にご提供しますので安心してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ