専業トレーダーになる前にクリアーしておきたい2つのチェック項目

専業トレーダーはどのくらい稼いでいると思っていますか?

もしかして、
どんな相場でも縦横無尽に立ち回り、
毎月500PIPS、1000PIPSは当たり前に獲得し、
月利50%、100%で雪だるま式に資金が増えている、
という印象を持っていないでしょうか?

まぁ、世の中広いので、探せばそういう人もいなくはないかもしれませんが、
月利50%、100%を “毎月安定的に
継続している専業トレーダーは存在しません。

そもそも、月利100%、つまり毎月資金を2倍にできたら
1年後には資金は4000倍になっていますし、
2年後には資金は16700000倍になっていなければいけません。

10万円で始めたら2年後には、1兆6700億円になっている勘定です。

はたしてそんなトレーダーは存在するでしょうか?
graph16103101

巷には平気で “月利50%!” とか “月利100%!
という宣伝文句も見られますが、
仮にそれが事実だったとしても、
間違いなく確実に “単発” でしかありません。

たまたま相場付きが良かっただけ or 運が良かっただけで、
実力でそれを継続できるトレーダーは専業にもいないです。

専業トレーダーとは、
月利50%、100%という異常な数字をたたき出す人ではなくて、
自分の資金量と自分のトレード技量による想定獲得PIPSを分析して、
トレードだけで安定して生活できると冷静に判断できた人の事を指します。

専業トレーダーにとって単月の大幅利益は
サラリーマンにとってのボーナスのようなものです。

その月、大幅利益となるか、それとも小幅利益となるかは、
自分の実力以外にも相場状況次第という部分も大きいので、
自分でコントロールする事は難しいです。

それよりも、専業トレーダーとしてはどんな相場状況になろうとも、
毎月に必要な最低ラインの資金増を安定的に確保できる事の方が重要です。

stability16103102

専業トレーダーになる前に

専業トレーダーに憧れる人は多いと思いますが、
少なくとも以下の2点はクリアーしてから今の仕事を止めるようにしましょう。

「失敗は絶対に許されない」とまでは言いませんが、
一旦仕事を止めてしまっては、再就職も難しいかもしれませんので。

  • リアルトレードでの実績を積んで
    トレードだけで生活できるという確信を持っている
  • 資金量、家族構成、トレードスタイルなどから
    今の自分が専業トレーダーとして自立できる状況にあるのか
    冷静にシミュレーションできている

リアルトレードでの実績を積んで
トレードだけで生活できるという確信を持っている

専業トレーダーになりたいのなら、
まず今のサラリーマンのままでリアルトレードを繰り返し、
少なくとも6ヶ月間継続してプラスの収益を出している状態
になっている必要があります。

そして、心の底からトレードだけで生活できる
という実感を持つ必要もあります。

つまり、手法もマインドも、
確かな地盤の上にしっかりと構築された状態になっている必要があります。

しかし、それにはどうしても時間がかかります。

なぜなら、手法に確信を持つのも、マインドに確信を持つのも
さまざまな相場を経験する必要があるからです。

あらゆる相場を経験させた上での期待値>1の手法、
あらゆる相場を経験させた上での安定したマインド、
これらを獲得するには、やはり最低でも6ヶ月程度はかかってしまうでしょう。

1~2ヶ月程度で得られた確信なんて “幻想” に過ぎません。

日足レベルでのトレンド相場、持合相場、乱高下相場、
高ボラティリティ相場、低ボラティリティ相場、
事件、事故関連のイレギュラー相場、、、

どんな相場状況になろうとも、行くべき相場と見送る相場を見極めて
ただ自分の手法に従って行動していれば
 結局はトータルでプラスになるんだ

という本当の”実感“が持てるかどうかが重要です。

資金量、家族構成、トレードスタイルなどから
今の自分が専業トレーダーとして自立できる状況にあるのか
冷静にシミュレーションできている

専業トレーダーになれば1日24時間、好きなだけトレードできますが、
サラリーマンではトレードする時間は限定されています。

デイトレならば、会社から帰ってからの数時間しかトレードできないでしょうが、
そんな限られた時間の中でリアルトレードでの実績を上げ続けなればいけません。

仮に、1日3時間のトレード時間が取れて、
その中で毎月平均的に+100PIPS獲れていたとしましょう。

となると、
専業になって仮に1日9時間トレードするとなると、
サラリーマン時代よりも3倍トレード時間が増えるので、
その分、利益も3倍になる事が想定できます。

つまり、上記の仮定でサラリーマン時代に月+100PIPS獲れていたら、
専業になったらその3倍の+300PIPS獲れる事が想定できます。
(実際には、そんなにうまくはいきませんが)

もちろん、過去チャートを検証して、
普段自分の見ている時間帯以外の時間帯(おそらく東京時間やロンドン時間)でも
自分の手法が通用する事を確認しておかなくてはいけません。
kensho16103103

また、一般的には月400PIPS、年5000PIPS獲得できれば
一流トレーダーと言われています。

一流トレーダー≒専業トレーダー
という式も成り立つかもしれませんが、そう単純でもないです。

月400PIPS獲得できていても、
資金量が10万円で4人家族だった場合、
1回のトレードが0.1ロット(1万通貨単位)が適正だとすると、
1ヶ月で、
400PIPS×100円=4万円
しか稼げず、4人家族は到底養っていけません。

しかし、月に100PIPSしか獲得できてなくても
資金量が1000万円で一人暮らしだった場合、
1回のトレードが10ロット(100万通貨単位)が適正だとすると、
1ヶ月で、
100PIPS×10000円=100万円
も稼ぐ事ができて、十分な生活ができますね。

専業トレーダー全員が月400PIPS以上獲得、
月利50%や月利100%を達成しているわけではないです。

資金量によっては月利2~3%でも十分にやっていけます。

ご自身の資金量、家族構成、トレードスタイルから
専業トレーダーとして本当に生計を立てられる状況にあるのか、
冷静にシミュレーションしてみましょう。

以上、
専業トレーダーになる前にクリアーしておきたい2つの確認項目の説明でした。

かくいう私は、
どちらの項目も曖昧なまま専業トレーダーになってしまいましたが。。。

だから後々精神的にも肉体的にも苦労してしまったんですね。。。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ