スイングトレードにも応用

スイングトレードとは、1日から数日間で売買を済ませてしまう、
短期売買のトレード方法です。

 

また、区別は曖昧ですが、ポジショントレードというものもあって、
こちらは数週間から数ヶ月間保有する方法ですね。

 

スイングトレードより更に大きな利益を目指していく手法で、
ファンダメンタル的な要素も加味しなければいけなくなります。

 

ちなみに
スイングトレードというのが正しいのか、
スウィングトレードというのが正しいのか、
どちらなのでしょうか?

 

そのスイングトレードについてですが、
私が毎日公開している銘柄というのは、
既に何度も訪問してくださっている方はお分かりになると思いますが、
買い候補銘柄というのは、日足が上昇トレンドのもののみです。
売り候補銘柄というのは、日足が下降トレンドのもののみです。

 

つまり、デイトレ候補として挙げてはいますが、
実はスイングトレード用の銘柄にもなるんですね

 

逆に言うと、一日で決済するのがもったいない場合も出てきます。
トレンドがそのまま継続するなら、そのままキープしておくという
戦略ももちろんありです。

 

実際に、私の公開している銘柄に関しては、
上昇トレンドが継続しているならば、何度でも買い候補として挙げますし、
下降トレンドが継続しているならば、何度でも売り候補として挙げています。

 

ですので、デイトレとして、その日のうちにポジションを閉じるのが
もったいないと思えば、日足トレンドに期待し、翌日に持ち越すという
手法を使っても良いと思います。

 

しかし、これについてもやはりデモで何度も検証し、
期待値がプラスであることを確認してからですけどね。

 

また、スイングトレードの場合、個別銘柄の日足トレンドだけでなく、
先物の日足のトレンドも重要です。
先物のトレンドを主として考えなければいけません。

 

現状は先物の日足トレンドは弱持合という感じですので、
スイングトレードをするなら、
上昇トレンドの買い銘柄:下降トレンドの売り銘柄=1:2
くらいの割合で考えた方がいいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ