相場の未来を見るのか、今を見るのか

相場の格言には、いろいろなものがありますが、
私の好きな格言の1つに、

勝ちトレーダーは未来を予想するのがうまいのではない。
今を適切に対処しているだけ

というものがあります。

 

勝っているトレーダーというのは、高勝率の手法を幾つも持っており、
相場の状況にあわせて変幻自在に自分のポジションを操り、
常に相場の先の先まで予想し、どんな状況であろうとも利益を獲得できる人の事だと
思っていました。

 

でも実際は違うようです。
勝っているトレーダーの手法というのは、負けている人たちの手法と
そんなに変わらないようです。

 

また、勝っているトレーダーというのは、
全ての相場に手を出している訳ではないようです。
自分の得意とする相場状況になるまでは、一切手を出さないです。

 

そして、勝っているトレーダーというのは、
相場の未来を予想するのがうまい訳でもないようです。
まぁ、当然といえば当然ですが、未来のことなんて誰にも分かりません。

 

では、勝っているトレーダーと負けているトレーダーの一番の違いはというと、
「今を適切に対処しているか」
ということです。

 

「今を適切に対処する」とは、どういうことかというと、
今、損切りラインにかかったら、きちんと損切りする。
今、利益が出始めたら、ちゃんとキープする。
今、手仕舞いルールにかかったら、ちゃんとクローズする。
今、エントリーできない状況なら、ちゃんと見送る。

 

未来を予想して行動しているんではなくて、今だけを見ているんですね。

 

そして、今を適切に対処するためには、やはりマインドが必要になってきます。
行き当たりばったりの、ふらふらしたマインドでは
上記のことを正しく行うことはできませんからね。

 

正しい手法を持っていても、
それを正しく実行するマインドがなければ意味がありません。

 

どうしても勝てない場合、その理由は手法なのか、それともマインドなのか、
今一度考えてみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ