FXB-Manual~5000ポイント達成記念セミナーを視聴して

FXB氏のブログからメルマガ登録すると、
注目通貨ペアと、どのようなプライスアクションに注目するのか、
そのシナリオを毎日メール配信してくれます。

また、メルマガ内の特定のリンクからFXB氏のブログにアクセスすると、
ポイントが貯まる仕組みになっていて、
そのポイントが一定数以上まで貯まると、
無料でプレゼントがもらえるようになっています。

1回ブログにアクセスする毎に、
5ポイント獲得する仕組みになっているんですが、
私は現時点で既に6000ポイント以上獲得しています。

つまり、計算上はこれまで
6000÷5=1200回以上、
ポイント獲得の操作をしている事になります。

年数で言うと、3年以上毎日コツコツと継続したからそこ、
ここまでポイントを増やす事ができたんですね。

そして先日、5000ポイント以上獲得した購読者向けに
ポイント達成記念セミナー
が開催されました。

5000ポイントというと、
やはり約3年間は毎日継続しないと貯める事ができない量なので、
それなりにFXB氏の手法に傾倒した、FXB氏のファンのような人たちが
集まったセミナーだったようです。

私は”ポイント達成記念セミナー“には参加できなかったんですが、
後日、そのセミナーの映像を送ってもらったので、
その全てを視聴させてもらいました。
fxseminar17043001
全部で3時間ほどもある大ボリュームのセミナー動画だったんですが、
やはり、5000ポイント獲得した人向けということもあり、
とても内容の濃い、有料級のセミナーでしたね。

内容的には、
もちろんFXB-Manualの流れを踏襲していますが、
中でも、環境認識、特にダウ理論に対する考え方は非常に参考になりました。

一般的には、
高値が切り上げ、安値も切り上げなら上昇トレンド、
高値が切り下げ、安値も切り下げなら下降トレンド、
というように解釈されていますが、
このセミナーでは、もっとダウ理論を深く掘り下げて、
より実践に役立つ考え方を提供しています。

具体的には、

  • トレンドからトレンドレス、トレンドレスからトレンドへの変化の際には、
    どこに注目すれば良いのか
  • 複数時間軸でダウ理論を用いる方法
  • レジサポに対して、どのようなプライスアクションを待てばよいのか
  • 中途半端な位置での押目買い、戻り売りの戒め

などなど、
実践で利用したいノウハウ、テクニックが随所に散りばめられていました。

セミナー内で解説されていた手法でトレード

セミナー内では、
日足と1時間足を使ったダウ理論に基づくトレード手法
も解説されていました。

あくまでもトレードの参考例として提示されていただけで、
「これでトレードしてください」と
FXB氏が言っていたわけではないんですが、
裁量トレードの手法としては、面白そうだったので、
先週の木金の2日間でちょっと試してみました。

それが以下です。

具体的なトレードルールは秘密ですが、
利益幅と損切り幅は共に30PIPS固定となっています。

GBPUSDの1時間足チャート
gbpusd1h17040302
全部で2回トレードしていますが、どちらも
最初の横向き青色矢印でロングエントリーして、
次の横向き青色矢印で決済しています。

日足チャートがFXB流の上昇トレンドとなっていることが前提ですが、
このように直近の高値、直近のレジスタンスラインのブレイクで
ロングエントリーしています。

そして、エントリー後はわりと素直に上昇してくれて
利確位置の+30PIPSまで短時間で到達してくれました。

AUDUSDの1時間足チャート
auduasd1h17040303
最初の横向き赤色矢印でショートエントリーして、
次の横向き赤色矢印で決済しています。

こちらは損切りトレードとなりましたが、
もちろん確率的にこういうこともあります。

ちなみに、前日の26日にも安値ブレイクのエントリーポイントがあり、
こちらでショートしていれば、利確できていましたね。


result17043004
結局今回は3回トレードして2勝1敗、
合計で+30PIPSの獲得となりました。

日足チャートでダウ理論的にトレンドの発生が認められれば、
1時間足チャートでもその向きにレートは動きやすくなりますね。

FXB氏は、
「エントリーのタイミングよりも環境認識の方が重要」
と、今回のセミナーの中でも語っていますが、私も同意見です。

エントリーのタイミングにこだわり、神経を尖らせるよりも、
環境認識を勉強した方がよっぽど報われると思います。

その環境認識の重要性を再確認させられたセミナーでした。

損切り幅-10PIPSのデイトレ手法を試してみませんか?
FXB-Manual詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ