損切り貧乏

損切り貧乏という言葉をご存知でしょうか。

 

自分の思惑と反対方向にレートが動いてしまったら、
少しの損にもビビってしまい、これ以上損が増えたらどうしようと思って
いつも早めに損切りしてしまうことです。

 

そして、このような行為を毎回繰り返してしまうために、
小さな損がコツコツと積み上がり、
結局トータルで負けてしまう人のことです。

 

でも、これってある意味では、トレーダーのレベルとしては
最低ラインから抜け出している証拠でもあると思います。

 

ほとんどのトレーダーは、コツコツ利益を獲得して、
ドカンと一発で負けて、それまでの利益を吹き飛ばし、
逆にそれ以上のマイナスになってしまう、という人がほとんどです。

 

人間の本能のおもむくままに行動していては、
誰でもこの「コツコツドカン」という投資行動になってしまいます。

 

しかし、損切り貧乏という人は、その「ドカン」という部分が無い状態です。
トレーダーとして、一番やってはいけない部分を既にクリアできている人です。

 

このようなマインドを持っている人は、
次のレベルに上がるだけの素質を持っていると思います。

 

あとは、過去の取引履歴を検証し、自分の損切り位置が本当に正しかったのか、
トレンドが変わっていないのに少しの反転だけで損切りしていないか、
きちんと検証し、損切り幅を調整していけば自信を持って
相場に臨めるようになると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ