恋スキャDX~乱高下相場では無理にトレードしなくても

最近では株式市場と為替市場の連動性は薄れてきていますが、
それでも、市場がリスクオフ or リスクオンを意識している時には
それなりに似たような動きになります。

特に昨日のように株式市場が大暴落となると、
どうしても為替市場にもリスクオフという形で波及してきます。

リスクオフというと、お決まりの円買いですが、
昨日もクロス円を中心に大きく下げていきましたね。

こうなると、市場はボラティリティーを高めていきますので、
恋スキャFXビクトリーDX完全版のような
レンジ相場を主戦場とする手法にとっては
エントリー条件に一致する場面が少なくなってしまいます。

これまでの傾向、というか、経験から判断すると、
リスク回避で急激な円買いとなって最初に迎えたロンドン時間は、
レンジ相場になる可能性は低く、
上に動くか、下に動くのかは、もちろん分かりませんが、
どちらにせよボラティリティーの大きな展開になりやすいです。

当然、乱高下のケースも有り得ますので、
そのような相場状況の時には
恋スキャFXビクトリーDX完全版の手法に
無理やりチャートを当てはめてトレードしなくても良いかもしれませんね。

以上が、昨日、
恋スキャDXでトレードしてみた上での感想です。

方向感、相場観が分かりづらかった

昨日のロンドン時間に恋スキャDXでトレードしてみましたが、
クロス円が急落している中、難しい展開でした。

急落の続落に乗るのか、それとも、反発上昇に乗るのか。。。

基本は、予想せずに相場の流れに乗る事ですが、
昨日のロンドン時間はクロス円が総じて上げてきた、
つまり、急落後の調整の買い戻しが優勢な展開になってきたので、
私は買い目線で見る方針となりました。

(下記チャートには、ロングのシグナル出現時のローソク足に上向き矢印、
 ショートのシグナル出現時のローソク足に下向き矢印が表示されていますが、
 これらは私からの独自特典としてお渡ししている
 「恋スキャFX エントリーお知らせインジケーター」によるシグナルであり、
 恋スキャFXビクトリーDX完全版の商材本体には付いていません)


EURUSDの5分足チャート(横軸は+7で日本時間)
eurusd5m18020701
ちょっと矢印が混雑していて分かりにくいかもしれませんが、
全部で2回トレードしていて
最初の横向き青色矢印でロングエントリーし、
次の横向き青色矢印で決済(損切り)、
3つ目の横向きアクア色矢印でロングエントリーし、
4つ目の横向きアクア色矢印で決済(利確)です。

この通貨ペアはドルストレートですが、
ロンドン時間前から5分足レベルでは上昇トレンドとなっていたので、
高速スキャル」でのトレードを考えていました。

そして、押目買いのつもりで
横向き青色矢印の位置でロングエントリーしたんですが、
反発力が弱く、直近の安値を割ってきたので、
小幅損切りで手仕舞いです。

しかし、損切りした直後に「レンジ対応ロジック」のシグナルである
上向き青色矢印が出現してしまったので、
少考した後に、再度ロングエントリーしました。

それが横向きアクア色矢印ですが、
こちらでは利確できました。

最初の損切りは余計だったかもしれませんが、
ルールですから仕方ないですね。


AUDJPYの5分足チャート
audjpy5m18020702
最初の横向き青色矢印でロングエントリーし、
次の横向き青色矢印で決済です。

この通貨ペアはクロス円ですが、
ロンドン時間は上昇トレンドとなっていました。

そして、「トレンド感知ロジック」のシグナルである
上向きアクア色矢印が出現した事を確認してのロングです。

エントリー後は多少もたつきましたが、
何とかストップにかからずに反発上昇してくれて利確終了です。

ちなみに、上記チャート内には
トレンド感知ロジック」のショートのシグナルである、
下向きピンク色矢印も出現していますが、
私は上目線で見ていたので、
このシグナルではエントリーしていません。

仮にエントリーしていれば利確できていましたね。


EURJPYの5分足チャート
eurjpy5m18020703
最初の横向き青色矢印でロングエントリーし、
次の横向き青色矢印で決済です。

この通貨ペアもクロス円ですが、
やはり、リスク主体で相場が動いている時には
クロス円は似たような動きになりますね。

同じく、「トレンド感知ロジック」のシグナルである
上向きアクア色矢印が出現した事を確認してのロングです。

多少時間はかかりましたが、
無事利確で終えています。

しかし、その後の動きを見ると、
どうやら上目線ではなく、
下目線でショート主体でトレードした方が分かりやすかった、
というか、素直な動きだったようですね。


result18020704
結局この日は4回トレードを行い3勝1敗、
合計+35.3PIPSの獲得となりました。

本当なら、ボリンジャーバンドが横向きの時にトレードした方が
恋スキャ的には分かりやすいんですが、
毎回、そんな都合の良いチャートになってくれるとは限りません。

今回も幾つかチャートを見比べたうえで
できるだけ綺麗なチャートを選んだつもりでしたが、
それでも普段の相場状況と比較すると、分かりにくかったですね。

トレンドの読み、方向感も相場とズレていたと感じていましたし、
やはり今回はちょっと無理をしたトレードだったと言えるでしょう。

FXトレードを短時間でぱぱっと終わらせたいなら、、、
恋スキャFXビクトリーDX完全版、ぱぱっと読めない詳細レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

このページの先頭へ