テクニカル分析を過度に期待しないこと

FX初心者さんにもいろいろな方がいらっしゃいます。

 

幾つかのタイプに分けてみると、

1.FXのルール、用語自体がよく分かっていない
2.テクニカル分析の仕方がよく分かっていない
3.トレードルール、手法の勉強の仕方がよく分かっていない

このように分けることもできると思います。

 

1.FXのルール、用語自体がよく分かっていない

こういう方は、本当の意味での初心者ですので、
とりあえずは、FXに関する入門書を一冊読んでみる事です。
一冊読めばほとんど理解できると思います。

 

どんな本でも構いません。
FXのルールや用語は、
本によって内容が変わるという事はありませんので、
適当に選んで数回通読すればよいでしょう。

 

その上で、もし分からない事があれば、
ネットで調べればほとんど解決する事ができるでしょう。

 

それでもよく分からないなら、
どうぞ私に聞いてくださっても構いませんよ。

 

2.テクニカル分析の仕方がよく分かっていない

テクニカル分析といっても数え切れないほど種類はありますので、
どれを用いればいいのか、どれを信用していいのか、
分からないという事は多いですね。

 

トレンド系の指標を使ったり、オシレータ系の指標を使ったり、
チャートのフォーメーションを使ったり、マルチタイムフレームを用いたり、
古典的なものから最新のものまで、全てを理解する事は到底不可能でしょう。

 

そして、FX初心者さんにありがちなのは、
そうしたテクニカル分析というのが、
必ず有効に作用する
と思ってしまっていることです。

 

100%とは思っていないまでも、80~90%の割合で
有効に作用するからテクニカル分析というんでしょ?

 

と思っている方が多いです。

 

例えば、上値抵抗線があった場合、それを上抜けたら
上昇トレンドが発生するから、そこでロングすればいい、と
どの本にも書いてあります。

 

それを信じたFX初心者の方は、
80%以上の確率でリアルトレードでも、
そうした事を期待してしまいます。

 

でも実際の相場では、そんなにうまくいくとは限りません。

 

どんなにひいき目に見ても、
50%をちょっと越える程度のものでしかありません。

 

テクニカル分析ってその程度のものなんです。

 

上記の場合でも、いろいろと複合的な要因を総合して考えなければなりません。
単に上値抵抗線を抜けたらロング、で勝てるならこんな簡単なことはありません。

 

でも実際には、
直近に節目となるようなラインが存在していないか、とか、
抵抗線として機能しそうな移動平均線がないか、とか、
上位の時間軸でも優位な状況なのか、とか、

 

いろいろ考えなければならないことも多いです。

 

同じ相場は二度と現われない、常に変化し続けている。
だから難しいんですね。

 

テクニカル分析は、相場を計る1つの方法論でしかないんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ