ダマシと心理

レートが自分の思惑と反対方向へ進んでしまった場合、
よく「ダマされた」と表現しますが、
これってどうなんでしょうか?

 

何に対してダマされたんでしょうか?

 

チャートの向こう側に誰か特定の人がいて、
その人が私たちのエントリーを覗き見て、
その反対側へわざと仕掛けて、
その特定の人たちだけが利益を得ている、というような
「特定の人物にダマされた」という、
被害者意識を持ってしまっているんでしょうか?

 

為替市場の実態というか、規模というか、
いったいどの程度の金額を投入すれば
自分の思いのままのレートへ、
上げたり下げたりすることができるのかは、
私には分かりませんが、
そうした特定の人物を意識しても意味がないと思います。

 

普通に考えたら、レートの動きとは、
市場参加者の意識の集合体、と捉える事ができるはずです。

 

そうした意識の集合体と自分の思惑がずれてしまった状態を
ダマされた」と表現するのは、おかしいですよね。

 

相場で利益を上げるには、その時その時の多数派につくこと。
多数派の意識に自分を合わせること、とも言えます。

 

ですので、あえて表現するなら
やっぱり「ダマされた」ではなくて「ズレた」、という方が
合ってるような気がするんですがどうでしょう?

 

と言いつつ、今後も慣習的に、「ダマされた」という表現は使いますけどね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ