同じ損切りなのになぜかメンタルが違ってくる?

想像してください。
上昇トレンドの途中に、いい感じに押し目をつける動きとなりました。

 

その後の動きを監視し、再度レートが上昇し始めたので、
ロングエントリーしました。

 

しかし、エントリーした途端に上昇が止まり、動きが鈍くなってきました。
徐々にレートが下がり始め、エントリー値も割ってきました。

 

全般的には、上昇トレンドなのですが、
雰囲気的には持合に捕まったような感じです。

 

小幅損のまま時間だけが過ぎていきます。
そうこうしているうちに、最初に設定したストップ位置に近づいてきました。

 

もちろんストップ位置を下げるなんて事はしません。
ストップ位置は、過去の検証からルールどおりに設定した位置で、
自分でも納得している位置のはずです。

 

ジリジリとしたレートの下げが継続し、
結局、損切り位置にかかってしまい、
このトレードは損切り終了となってしまいました。

 

しかし、その直後に、一転レートが上昇し始めます。
今までのジリ安基調とはうって変わって、どんどん上げていきます。

 

先のエントリー位置を越えても上げが継続し、直近高値も更新し、
結局は、元の上昇トレンドに戻りました。

 

この時あなたはどう感じますか?
ストップ位置をちょっとだけ下方向へずらしておけば。。。
何で自分だけこうなるの?
悔しい!!!

このように感じるかもしれません。

 

 

翌日、再び同じような展開が訪れました。

 

上昇トレンド中の押し目の動きです。
本日も同様にレートが再上昇を開始したところで、ロングエントリーです。

 

しかし、やっぱりエントリーした途端に上昇が止まり、
徐々にレートが下がり始め、ストップ値に近づいてきました。

 

ジリジリとしたレートの下げが継続し、
今回もやっぱり損切り位置にヒットしてしまい、
このトレードもまた損切り終了となってしまいました。

 

しかし、その直後に、レートがしびれを切らしたように急降下していきました。
ストップを巻き込んだ下げが続き、全般上昇トレンドだったものが、
下降トレンドへ転換したようです。

 

この時あなたはどう感じますか?
ストップを設定していて良かった。。。
自分は運が良いのかも
ラッキー!
このように感じるかもしれません。

 

 

でも何かおかしくありませんか?

 

同じ損切りなのに、同じ損切り幅なのに、
損切りした後のレートの動きによって、
気持ちが左右されるなんて、何か意味があると思いますか?

 

全く意味のない感情の揺れ動きですよね。

 

自分の損切り行為、または利確行為、
ポジションを持っているか、持っていないかによって
その後のレートの動きに感情が揺り動かされ、
時には、同じ損切り行為でも、
上記のように悔しがったり、嬉しがったり、
全く正反対の感情を持ってしまう。

 

トレードには全く意味のない必要のない感情です。

 

私もFXの初心者だった頃は、
チャートの動きにいちいち感情が反応していました。

 

しかしある時、そうしたレートの動きに感情が揺さぶられる事に
疲れてしまいました。

 

なんでトレードが終わった後のレートの動きに
 動揺しなければいけないんだ?

自分が嬉しく思っても、悔しく思っても、
 そんなの相場の動きには一切関係無いのに

 

自分自身に呆れてしまい、情けなく思ってしまいましたが、
逆に、吹っ切れたようにも感じました。

 

トレードにとって喜怒哀楽は有害です。
人によって、喜怒哀楽から解放される方法はいろいろあると思いますが、
私の場合、揺さぶられ過ぎて疲れてしまったことが、
気づきの第一歩だったと思います。

 

皆さんも自分なりの平穏精神の獲得方法を見つけてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ