大きな流れの中の一部分に乗るトレードとは

私の場合は、FXでデイトレをする時、日足チャートを確認しますが、
もちろんそれだけではないです。

 

それに加えて4時間足チャートも確認しますし、
1時間足チャートも確認します。

 

なるべくなら、日足チャート、4時間足チャート、1時間足チャートで
全て同じトレンド方向になっていれば理想的ですが、
なかなかそういう時期に当たる確率は少ないですね。

 

デイトレというのは、
大きな流れの中の一部分である小さな流れに乗ってトレードする
ということもできます。

 

イメージとしては、たとえば下降トレンドならば、
日足チャートが下降トレンドの最中の、
陰線の一部分を切り取るようなトレード

 

もしくは、
4時間足チャートが下降トレンドの最中の、
その中の一本の陰線のローソク足を取るようなトレード

 

もしくは、
1時間足チャートが下降トレンドの最中の、
その中のローソク足3,4本の波に乗るようなトレード

 

このようなイメージです。

 

ですので、大きな流れが分かりやすければ、
その一部である小さな流れも分かりやすい傾向にあります。

 

逆にいえば、大きな流れが分かりにくいと、
その中の小さな流れも分かりにくいです。

 

たとえトレンドになったとしても、
分かりにくいトレンドになってしまう可能性が高いです。

 

私の場合は、最低でも1時間足で分かりやすいトレンドを望んでいます。
そしてできれば、4時間足でも分かりやすければなお可です。

 

また、日足チャートが分かりやすいトレンドになっている通貨ペアを見つけたら、
当分その通貨ペアを取引対象にするでしょう。

 

FXの情報商材の中には、マルチタイムフレームを利用しているものは多いですが、
用いている本人自身も上記のようなイメージを持つことは大切だと思いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ