FXトレーダーは同じように考えている?

昨日のEURJPYの15分足チャートを再掲します。

昨日の昼の段階でのチャートです。

 

この時点で、
もししかしたら、このオレンジラインが既に抵抗線に
なっている可能性がありますね。

と指摘し、
仮にこのまま下がり続けて、その下にある赤色の水平ラインを割る事になったら、
しばらく続いていた4時間足レベル、日足レベルのEURJPYの上昇トレンドは
一旦終わりになるかもしれません。

と書きました。

 

そして、その後の15分足チャートの動きが以下になります。

このように、雇用統計時の起点となった始値のオレンジライン
上値抵抗線となり、なかなか抜け切れない動きをしばらく見せた後、
ロンドン時間に入ってからは、今度はその下の赤のラインで引いた
下値支持線を試す動きとなりました。

 

16時台に入ってから、この赤い支持線を割れた後は
一気に下げる事となりました。

 

見事にチャートパターン通りの動きとなりましたね。
というか、トレーダーの皆さんは、チャートを見る時には、
同じような事を考えていて、同じように行動するんだなぁ、という印象です。

 

雇用統計で急騰した時には、ロングの新規の注文がたくさん入ったはずで、
その注文のストップの設定は、ほとんどがオレンジラインの下のあたり、
もしくは、赤のラインの下のあたりに設定していると思われます。

 

ですので、オレンジラインを割った時には、
そのストップを狙って売り仕掛ける大口の新規トレーダーもたくさんいたでしょう。
そして、それについて行こうとするトレーダーもたくさんいたでしょう。

 

こうして、新規の売りと、ストップの損切り売りが重なり、
一気に下げが加速した、という流れでしょうね。

 

そしてこれが現在のEURJPYの15分足チャートです。

急落後、今度はジリジリと戻りを試す動きとなっていますが、
昨日まで下値支持線だった赤いライン付近に到達してきました。

 

現状では、多少上値が抑えれる動きも見られるようです。
よく言われる、
前回の支持線が今回の抵抗線
というパターンですね。

 

今回もロンドン時間に入ってからの動きを見る必要がありますが、
この赤いラインを抜け切れずに下げていったなら、
再度ショートが推奨されるのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ