順張りにおけるトレード損益の分布

FXのトレードで順張り&損小利大の方針にしている場合、
どうしても勝率が低くなってしまう傾向にありますね。

 

利大を目指す以上は、多少の押し戻りは無視しなければならず、
それが功を奏する場合もあれば、逆に粘り過ぎて
損切りとなってしまう場合もあります。

 

私自身は、勝率はあまり気にしないほうですが、
やはり高いに越した事はないです。

 

あえて目標値をあげるなら、勝率6割いけば十分ではないでしょうか。

 

問題は、その6割の損益分布状況です。

 

私が思う理想的な損益分布状況は、
小幅損切りと小幅利益~中幅利益を繰り返しながら、
時折、大幅利益を得る、という状況です。

 

例えば、勝率6割なら、10回トレードをした場合、その内訳は、

・4回の小幅損切り
・2回の小幅利益
・3回の中幅利益
・1回の大幅利益

という感じでしょうか。

 

もちろん相場状況にもよりますので、
ある期間の連続する10回のトレードをみた場合、
必ずしもこうなるとは限りませんが、
平均してこうゆう状況なら満足いくものといえるでしょう。

 

まぁ、人それぞれトレードスタイルが異なりますので、
何が正解という事はないのですが、
私の場合は、上記のようなトレード損益の分布なら
自分の理想としているトレードスタイルに近いという事になります。

 

用いる情報商材に関しても、順張りで損小利大を目指しているものなら、
勝率8割とか9割とか、そんな非常識な数値は目指さないほうが良いでしょう。

 

初心者ほどなぜか高い勝率を求めたがりますが、
勝率は現実的な範囲内の数値の目標にしておき、
それよりも損小利大に意識を向けましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ