マナブ式FXでのダイバージェンスは非常に役に立ちます

マナブ式FXの特徴の1つにダイバージェンスを知らせてくれる、
というものがあります。

 

FX初心者の方には、ダイバージェンスという現象を
知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に説明します。

 

ダイバージェンスとは、逆行現象といわれていて、
チャート上は、高値を更新しているにも関わらず、
サブウィンドウに表示しているオシレータ系の指標(RSIやMACDなど)は
高値を更新していないという現象

もしくは、
チャート上は、安値を更新しているにも関わらず、
サブウィンドウに表示しているオシレータ系の指標は
安値を更新していない現象
、の事を指します。

 

こうしたダイバージェンスが起きた場合、
相場が反転する可能性が高いといわれています。

 

上記の説明では、
チャートは高値更新、しかしオシレータは高値更新せず→近々下落する可能性大
チャートは安値更新、しかしオシレータは安値更新せず→近々上昇する可能性大
となる訳です。

 

こうした現象は、相場の反転を高確率で教えてくれますが、
チャートの見方に慣れていないと、
なかなか自分で発見する事ができにくい現象でもあります。

 

後でチャートを振り返ってみて、
「あっ!あの場面はダイバージェンスだったんだ」
と気づく事もよくあります。

 

私も以前、このダイバージェンスだけを狙って相場を
見続けたことがありましたが、やはり自分で見つけることは難しく、
それにやたらとチャートを凝視してしまうので、目が疲れてしまいます。

 

ですので、私はダイバージェンスを狙う事は
諦めてしまったという経緯がありました。

 

しかし、このマナブ式FXの登場により、
ダイバージェンスを簡単に狙う事ができるようになったことで
私のトレード戦術にも念願のダイバージェンスを
取り入れることができるようになりました。

 

マナブ式FXでは、以下のようにチャート上にダイバージェンスを教えてくれます。

上記の場合は赤いラインが表示されていますが、
これが表示されたら、近々反落する可能性が高いことを示しており、
実際チャート上でもそのような展開になっています。

 

今回は紹介できませんでしたが、
赤いラインでなく、青いラインが表示された時には、
近々上昇する可能性が高い、という意味のダイバージェンスになります。

 

しかもこうしたサインをチャート上のラインだけでなく、
音声でも知らせてくれるので、見逃す事はほとんどないでしょう。

 

是非あなたも、このダイバージェンス現象を
トレード手法の一つに加えてみてください。

 

マナブ式FX詳細レビュー、これほど細かく書くのは、かなりのお奨めだからです

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ