マナブ式FXの検証、急落後の難しい展開でしたが

昨日の月曜日、マナブ式FXでマーケットを監視しようと思いましたが
監視開始が遅れてしまった為に、
ロンドン時間に起きた下落トレンドの途中からの監視となってしまいました。

 

リスク回避的なドル買い、円買いの反応のようでしたね。
間近に控えている米大統領選挙の思惑も影響しているのでしょうか。

昨日もダイバージェンスのサインに注目していましたが、
急落していましたので、その後の展開が難しかったですね。

 

そうした急落の中、マナブ式FXで逆張りのサインが出ました。

 

個人的には逆張りはあまり好きではないのですが、
とりあえずサインに従い、チャート図の最初の青緑矢印位置でロングエントリーです。

 

一瞬下方向へ振られましたが、ストップ位置まで下げることなく、
次第に上昇に転換し、ピッタリ指値の位置まで上げてくれました。
次の青緑矢印位置で利確です。

 

そして、程なくすると、今度はダイバージェンスによる売りのサインが出ました。
チャート図でみられる赤色の点線のラインですね。

 

これにより今度はショートの体勢へ。
前回は、雲割れを待ってからショートを仕掛けましたが、
今度は雲割れを待たずに、平均足の色の転換のみでショートエントリーです。

 

図のオレンジ色矢印の位置でショートとしました。

 

ロンドン時間の初動で急落しており、
その調整で一旦上げた後、再度下げる、
つまりここから二番底の形成へいくのでは、というシナリオです。

 

その後は、予定通り下げてくれて、次のオレンジ矢印位置
指値にヒットしてくれて利確終了となりました。

 

本当はこの後にも、買いのダイバージェンスのサインが出ているのが
チャート上にも見えていますが、
徐々に動きが鈍くなってきている事、
大きなトレンドの向きと逆側だった事、
などを考慮して、この買いのサインは見送りました。

 

ちょっとした裁量判断です。

 

しかし、この買いのサインもエントリーしていれば、ちゃんと取れていましたね。
マナブ式FXさすがです。

 

結局、昨日は2勝0敗で、+23PIPSという成績でした。

 

急落後の動きで難しいかもと思いましたが、
なかなか上手に相場の反転を捉えていますね。

マナブ式FX詳細レビュー、本気で勝ちたいなら最後まで読んでくださいね

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ