エントリー位置によって決済時のメンタルが違ってくる?

以下のチャートは昨日のGBPUSDの15分足チャートです。

あなたはロンドン時間の初動から、
このチャートを監視していたとします。

 

チャートの動きから徐々に上昇トレンドに傾きつつあるのを確認して、
Aの位置でロングポジションをとったとします。

 

そして、あなたの決済のルールは、
+1σを終値でローソク足が割れたら」とします。

 

その後、チャートは順調に上げてくれて、
その日の深夜24時過ぎた段階のCの位置で
ローソク足が+1σを割れたのを確認しました。

 

そのローソク足を見て、上昇トレンドが一旦終了したと判断し、
決済を実行し、トレードを終了する事ができました。

 

この時の決済には、おそらく何の精神的な躊躇や苦しみ、
不快感などは一切ないはずです。

 

気持ちよく決済して、その日の夜は気持ちよく眠れるでしょう。

 

しかし、仮にこの日、帰りが遅くなり、
チャートの監視がロンドン時間の初動からではなく、
もっと遅い時間から監視を始めていたとしたらどうでしょうか。

 

例えば、21時過ぎてからこのチャートを監視することになったとします。

 

既にチャートは上昇トレンドになっています。
ロングしたい気持ちはあるが、今から更にトレンドが継続するか分からず
どうしようか迷っていると、長い陽線が出現し、
更に上値を伸ばす展開となっていきました。

 

この長い陽線を見て、遅ればせながらBの位置で
ロングのポジションをとったとします。

 

そして、決済のルールは、同じく「+1σを終値でローソク足が割れたら」です。

 

ロングエントリー後、なんとか多少は上げてくれましたが、
さほど上げは続かず、24時過ぎた辺りでローソク足がCの位置で
+1σを割れてしまいました。

 

この段階で決済すると、小幅プラスにしかなりません。
タイミングが悪ければ、ほとんど値幅は取れてないかもしれません。

 

この時あなたはどう思いますか?

 

エントリーしたのが遅かったから、もう少し粘ってみようかな
目標値に達していないから、再度の上げを期待しよう

 

などと、自分勝手な余計な考えが頭の中によぎりませんか?
それにより、+1σを割れたら決済する、
というルールに従うことに躊躇しませんか?

 

そして、場当たり的にルールをまげて、ポジションをキープしたり、
何か余計なアクションを起こしたりしてませんか?

 

もしあなたが、自分がとったポジションの位置によって、
決済時に、このような心理的な違いがある、
そして、行動に違いが出てくるとするならば、それは直さなくてはいけません。

 

相場に正解はありませんが、
自分のルールで+1σを割ったら決済と決めているならば、
自分のポジションの位置、自分の利益幅、損切り幅に関わらず、
+1σを割ったら決済するのが、適切な行為です。

 

自分のとったポジションの位置によって場当たり的に、
決済方法を変えるのは、正しい行為とはいえません。

 

あなたがどこでポジションを持とうが、
トレンドが変化したことに変わりはありません。

 

あなたのポジションの都合など、相場には関係ありません。

 

トレンド転換したと認識したならば、決済しなければいけません。
それが利確であろうと、損切りであろうとです。

 

マーケットが、あなたの帰りが遅かった事、
ポジションを取るのが遅かった事に気を使ってくれて、
じゃぁ、もう少しトレンドを伸ばしてあげましょう
なんてことになるはずがありません。

 

でもトレーダーは、心のどこかでそのような都合の良いことを考えています。

今日くらいもう少しトレンドが伸びてくれないかなぁ
エントリーが遅かったけど、目標利幅が20PIPSだから、
 最低そこまでは上げて欲しいなぁ

私はFXの初心者だから、分かりやすい動きをして欲しいなぁ
3連敗したから、次は勝つ順番のはずだろう

そのような事を考える事自体が無意味です。

 

自分主体、自分の都合でチャートを見てしまうと、チャートが歪んで見えます。
あくまでも、相場主体、相場の都合でチャートを見るように心がけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ