FXビクトリーメソッドは、私のトレードの根幹です

私はFXを始める前には、株式投資をやっていました。

 

というか、今でもやっているのですが、
やはりデイトレという時間軸で、その日のうちに取引を終えるスタイルです。

 

その株式での手法は、
日足のトレンドの方向へ、日中足が向いた時に仕掛ける順張りです。

 

しかも、その手法は年単位の時間をかけて検証し、
自分で1から構築していった全くのオリジナルの手法です。

 

当時、情報商材というものを知らなかった私は、
とにかく自分で手法を作るしかなかったわけです。

 

ACCESSというデータベースソフトに何万というデータを保存し、
それらを分析し、優位性のある条件はないか、毎日検証していった結果、
ようやく辿り着いた手法です。

 

この手法は今でも用いているのですが、
もしこの時、情報商材というものを知っていて、それを利用していたら、
もしかしたら、もっと早く自分の手法を確立できたのではないか、
と思ってます。

 

そしてその後に、FXに興味を持つようになるのですが、
この時も最初は、自分で1から手法を確立しようと思っていました。

 

しかし、何かのきっかけで情報商材というものを知るようになり、
試しに買ってみたのが、FXビクトリーメソッドです。

 

まだその当時、情報商材というものを購入した事がなかった私は、
その内容にとても興味を持っていたのですが、
実際、そのFXビクトリーメソッドの中身を確認した時の衝撃は
今でも忘れていません。

 

FXビクトリーメソッドの本編とQ&A集、併せて数百ページに及ぶPDFファイルに
ぎっしりと文字が詰め込まれ、溢れんばかりの情報に圧倒されてしまいました。

当時既に、テクニカルの知識に関しては、
それなりに持っていると思っていましたが、
それでもここで語られている体系立てた分析方法には、
新鮮な驚きがありました。

 

手法に関する具体的で細かい説明、
マルチタイムフレームに関する正しい分析の仕方など
FXで勝つためには、どのように相場状況を把握し、
どのようにテクニカル指標を使い分けるのか、その全てが語られており、
もともと検証する事、分析する事が嫌いでない私は、
FXビクトリーメソッドの手法に、のめりこんでいきました。

 

最初のうちは、やはりその具体的な手法の方に目が行ってしまいますが、
FXビクトリーメソッドを勉強していくうちに
そうした手法よりも、もっと大枠の部分、
つまり、マルチタイムフレームの重要性に気づくようになりました。

 

そしてその気づきにより、少しずつ勝てるようになっていきました。

 

それ以降、数多くのFX情報商材を購入し、その内容を見てきましたが、
今でも私のトレードの基礎は、FXビクトリーメソッドです。

 

この中で語られているチャートの背景的状況、複数時間軸の計測方法
これが私の根幹にあります。

 

数多くの商材から、枝葉の部分については、いろいろ修正してきてはいますが、
根幹の部分については、一切変えていません。

 

また、数多くの商材を見てきた中から、
現時点で、一番内容の濃いもの、ボリュームが多いものは
FXビクトリーメソッドだと断言できるでしょう。

 

私のように勉強が苦にならない人なら、
是非このボリューム感に浸ってください。
FXビクトリーメソッド詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ