FXB-Manualでの典型的なブレイク例

FXB-Manualを用いた典型的なブレイクパターンを紹介します。

下記は、12月12日のEURUSDの15分足チャートです。

ロンドン時間に入る前から、きれいに上値抵抗線が揃っているのが分かります。

 

そして、移動平均線に関しても、マニュアルに書いてあるとおり
なかなか良い状態になっています。 

 

それが、18時過ぎたあたりから、赤色ラインで示した上値抵抗線を
ブレイクする動きとなりました。

 

ブレイク直後は多少押し戻りもしましたが、
程なく上げに転じて、そのまま上昇トレンドという
パターンになっていきました。

 

しかし、この日は深夜にFOMCが控えていたので、
利確に関しては悩んだかもしれませんね。

 

FOMCによっては、一気に急落という事も考えられますので、
ポジションがリミットに到達しない状態で、
何も対策をせずにそのまま放置、というのもどうかと思ってしまいます。

 

深夜の24時を回った段階で、含み益が20PIPSほどでしたので、
そのまま手動で利確してしまうのも良いですが、
できれば、買値にストップを引き上げて、
そのまま指値にかかるのを待つというように、
OCO注文を変更しておく事がベストな選択だと思います。

 

結果的には、FOMCを受けて更に上げ幅を拡大させていきましたので、
目標の60PIPS達成となったでしょう。

 

この日に関しては、FXBさんのブログにも、
多くの成功トレード報告がなされていましたので、
おそらくFXB-Manualの購入者の多くが利益を上げられた事と思います。

 

この情報商材の中に書いてある健康状態の良さを確認しておけば、
テクニカルが効きやすいチャートパターンを
自分で見つけることも簡単だと思います。

 

ちなみに、今日現時点で私が注目しているチャートは下図になります。

通貨ペア、時間軸、共に秘密です。

 

FXB-Manualの実践者なら、おそらく誰もが注目していると思います。
とりあえず本日のトレード対象の第一候補でしょう。

 

しかし、本日に限っていうと、週末に選挙開票が控えており、その思惑と
週末のポジション調整の売りなども考えられ、
テクニカルどおりに動かないかもしれませんね。

 

あまり無理をせずに慎重に見ていきたいと思います。

FXB-Manual詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ