恋スキャDX向きのレンジ相場

最近はJPY主体に相場が動く事が多いので、
EURやUSDがJPYに追随するという場面もしばしば見られますね。

 

昨日は、選挙後の動きを見極めたいというトレーダーが多かったのか、
クロス円は動きましたが、EURUSDは方向感無くレンジ相場のままでした。

 

このようなトレンドがないレンジ相場の時には、
恋スキャDXを用いて相場を見ると、チャンスを発見する事が出来ます。

 

下チャートは昨日のEURUSDの5分足チャートです。

恋スキャDXでは、そのエントリーから決済まで、
短い時間で取引が終了するケースが多いので、
チャート上で、そのエントリー位置、決済位置を提示するのは、
煩雑になって見えにくくなりがちですね。

 

チャート図では、青○赤○を示してありますが、
青○はロングのエントリーと決済、
赤○はショートのエントリーと決済位置を示してあります。

 

どちらとも、最初の○がエントリーで、続く○が決済です。

 

一応、このような感じでチャート上に示しておきますが、
この表示の仕方は、分かりにくいかもしれませんので、
今後修正するかもしれません。

 

ちなみに、恋スキャFXと恋スキャDXの違いについてですが、
簡単に説明すると、恋スキャFXのロジックに更にフィルターを追加して、
より精度を上げたものが、恋スキャDXとなります。

 

このチャートでも、恋スキャFXのロジックを用いれば、
もっとトレードチャンスはありますが、
初心者のうちは、トレード場面をある程度絞り込んだ、
恋スキャDXのロジックを用いた方が、個人的には良いと思います。

 

トレードの手順としては、まず最初にサブウィンドウに表示されるラインから、
今の状態がレンジ相場なのかトレンド相場なのかを見分けます。

 

そして、レンジ相場と判断できたならば、
次に、もう1つのサブウィンドウに表示されるラインから
仕掛ける方向を確認します。

 

恋スキャDXでは、レンジ相場だからといって、
高値圏で売り、安値圏で買いを単純に繰り返す、
というロジックではありません。

 

レンジの中でも、ロングとショートのうち、
その時々の状況によって、有利な方向性のみに仕掛ける、
というロジックになっています。

 

昨日のような狭いレンジ相場でも、
このようにトレードチャンスが何回も訪れます。

 

上記は、5分足チャートでしたが、
これを15分足チャートで監視した場合でも同様なチャンスがあります。

昨日は、5分足レベルだけでなく、15分足レベルでもレンジ相場でしたから、
早い判断が苦手な人には、15分足で監視することをお勧めします。

 

15分足チャートでも、このようにトレードチャンスが何度もあります。

 

レンジで利益を上げられる情報商材はそれほどありませんので、
この「恋スキャFXビクトリーDX完全版」は、希少価値があるかもしれません。

恋スキャFXビクトリーDX完全版、ぱぱっと読めない詳細レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ