最初からトップトレーダーを目指すとFXでは勝てないです

私はFXでトレードを行うときには、基本的に順張りで相場を見ています。

 

ある特定の条件を満たした場合には、例外的に逆張りをやったりはしますが、
そうでなければ、ずっとトレンド方向に沿った仕掛けだけを考えます。

 

例えば上昇トレンドがずっと継続していた場合、
どれだけ相場が上がろうとも、どれだけ相場が急騰しようとも、
逆張り目線にはなりません。逆張りで仕掛けようとは思いません。

 

上がっている限りはずっと買い目線です。

 

直近高値を抜けたらロングできるか、
押目買いができるか、
この支持線は機能するか、
とにかくロングしか考えないようにしています。

 

そして、エントリー後は、なるべく利大を追求しようとします。
ちょっとした反転では利確しようとはせずに、
できるだけ引き伸ばそうとします。

 

もちろんそれが良い結果になるときもあれば、悪い結果になるときもあります。

 

粘った事が裏目に出て、ある程度の含み益だったものが
逆に損切りになってしまった、ということもよくありますし、
粘った事が功を奏し、大幅利益に成長した、ということもあります。

 

相場の未来がわからない以上、
大事なのは、自分の方針を決めてしまうことだと思います。

 

私がFXの初心者だった頃は、なんとか相場の動きに合わせようと、
小さい動きの場合は、反転する前に利益を確定し、
大きく動き出したら、多少の反転には目をつぶり、ただ利大を目指す、
というように切り替える事ができないか、といろいろ模索していました。

 

しかし、勉強を重ねていくうちに、自分の実力不足もあって、
そんな都合の良い手法、及び精神状態を獲得するのは無駄だと、
開き直るようになりました。

 

それが良かったのかもしれません。

 

順張りでしか相場を見ないようにする。
ただ利大を追求するだけ、反転したら損切るだけ。

 

そのように方針を決めてしまったら、
相場に対する迷いが減ってきました。

 

トップトレーダーの中には、相場状況に合わせて、
順張り手法と逆張り手法を両方駆使し、
トレンド相場でもレンジ相場でも利益を上げる人がいます。

 

また、経験をつみ、裁量判断に長けたトレーダーの中には、
チャートの頂上付近でロングを手仕舞いした後に、
逆にショートポジションを持ち、
下げでも利益を取ってしまうという人もいます。

 

そういう人は尊敬します。
私はそんな風に、スイッチを切り替えるように
自分の手法、心理状態を切り替える事ができません。

 

もしかしたら、あなたはいきなりトップトレーダーになろうとしていませんか?

 

順張りでも利益を取りたい。
逆張りでも利益を取りたい。
トレンドの底辺で買いたい。
トレンドの頂上で売りたい。

 

それは無理です。
まずは自分のFXにおける方針を決めて、それを守る事からはじめてみましょう。

 

情報商材についても同様です。
全ての相場状況に対応しているFX情報商材というのは少ないです。

 

自分の得意とする相場状況になるまで待ち続け、
条件が一致した時のみ仕掛けるというのがほとんどです。

 

「どんな相場状況でも勝ちたい」と
いろんな相場に手を出している人ほど勝てないのが現実です。

 

まずは、方針を決めて、それを守り、自分の心の安定を図りましょう。
手法を考えるのはそれからです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ