マナブ式FXで雇用統計後の動きを捉える

先週の金曜日は雇用統計が発表されましたね。

 

ほぼ想定内の数字だったようですが、
マーケットはそれを契機に利益確定の動きとなったようです。

 

まだまだ一方的な円安トレンドの中にありますので、
大きなニュースを起点として、
それまでの動きとは反対の動きになることはよくあります。

 

金曜日ですし、ポジション調整という名目もあったようです。

 

こうしたニュースを起点としての、それまでのトレンドとの
反対方向への動きに関しては、個人的には乗りたくありません。

 

しかも雇用統計の数字に関しても、サプライズ的なものでもなかったので、
利益確定の動きが済めば、再度これまでと同様に円安トレンドに回帰する
可能性が高いかも、と思っていました。

 

しかし、今回の雇用統計後の動きとしては、
なかなか反転の動きが見られませんでしたね。

 

私は、雇用統計発表時には、「マナブ式FX」ではなく、
別のチャート画面を開いていたのですが、
この下落の流れからの反転を捉えるには、「マナブ式FX」が一番正確に
タイミングを計ることが出来ると判断し、
急遽「マナブ式FX」で利用しているTHVの画面に切り替えました。

 

以下がその時のチャート画面です。

 

2つありますが、最初がEURJPYの5分足チャート、
次が、GBPJPYの5分足チャートです。

円主体の動きを捉えるには、
複数のクロス円で判断した方がより正確性が増します。

 

雇用統計発表から約30分後、EURJPYのだけに、反転の兆候が見られましたが、
GBPJPYのサブウィンドウの●●にはまだロングのサインが出ませんでした。
ですので、ここでのロングは一旦見送りです。

 

そしてその後、再度下落して直近の安値を更新する動きとなりました。
その間ずっとサブウィンドウの●●の動きを注視です。

 

そして、GBPJPYのサブウィンドウの●●が、
ようやくロングのサインを出したところが、
上記チャートでロングの矢印で指し示している箇所です。

 

なかなか良いタイミングでサインを出していますね。
このサインを見て同時にEURJPYもロングエントリーです。

 

その後はいつものように、マニュアル内での指示どおり、
ストップとリミットを設定して放置しておくだけです。

 

どちらもエントリーから約30分で利確されました。

2つの通貨ペアで、+44PIPS獲得です。

 

指標発表後の動きでは、行き過ぎることがあります。
今回の下落に関しても、個人的には下げ過ぎと感じていましたが、
「マナブ式FX」では、そこからの反転をうまく捉えていますね。

 

ちなみにその後の動きとしては、
やはり利確売りが終わったあとは、元の円安トレンドへ復帰していきました。

 

エントリータイミングを計るには、とても利用価値のある情報商材です。
マナブ式FX詳細レビュー、本気で勝ちたいなら最後まで読んでください

 

ちなみに、私のブログから「マナブ式FX完全マスタープログラム」を
ご購入して頂いた方には、
このPDFファイルを特典としてプレゼントしています。

この「こすぎ流高勝率ルール」~勝ちやすい場面はここだ!~とは、
マナブ式FXの手法に、もう1つテクニカル指標を追加し、
そして、メインチャートの条件、及び
サブウィンドウに表示されるオシレータ系の条件を再構築し、
高勝率のサインだけにエントリーできるように、
独自のアレンジを加えたものです。

 

マナブ式FX購入者とのメールのやり取りの中で生まれた、
実践に即した独自アレンジです。

 

マナブ式FXは、もちろんそれだけでも十分利益が出る可能性が高い手法ですが、
もしも、思ったような利益が出なかった場合には、
是非この「こすぎ流高勝率ルール」を試して欲しいです。

 

本編に負けないほどの優位性のある手法だと自負しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ