チャートの動きに心が揺さぶられる無意味さ

チャートを見ていたら、波動を描きながら、
良い感じで上昇トレンドが続いていたとします。

 

そこでロングのタイミングを計る事にしました。

 

しかし、現在位置ではちょっと中途半端なので、
もう少し下げた後の押目買いを狙っているとします。

 

そうなると、トレーダーは、
下がれ!下がれ!自分の思っている位置まで下がってくれ!
と心の中で念じることになります。

 

そして、運良く自分の思っていた位置まで下げてくれました。
頃合いを見て、想定どおりロングのエントリーをしました。

 

そうなると、トレーダーは、
上がれ!上がれ!自分の満足いく位置まで上がってくれ!
と心の中で念じることになります。

 

。。。都合良過ぎませんか?。。。

 

さっきまで下がれ下がれと願っていたのに、
自分がロングポジションを持った途端に、
今度は上がれ上がれと願ってしまう。。。

 

自分のポジションの有無によって、同じチャートを見ていながら
全く逆の事を願ってしまう心理状態は、何の意味もない、全く生産性のない、
ナンセンスな心の動きです。

 

当たり前のことですが、
自分が何を考えようが、そんなことは相場の動きには全く関係ありません。

 

相場は上がりたい時に上がりますし、下がりたい時に下がります。

 

にも関わらず、相場の動きに、勝手に自分の心を重ね合わせて、
無意味なドキドキ感を味わっているトレーダーが非常に多く存在します。

 

相場は賭け事ではありませんし、趣味や暇つぶしでもありません。
ですので、余計な心の振幅は必要ありません。

 

喜怒哀楽などの感情は極力捨てて、
ただチャートで起こっている事実だけを認識し、
その事実に対して適切に処理する事だけを考えるほうが、
精神衛生上良いことは言うまでもありませんね。

 

私もFXの初心者だった頃は、ローソク足が右端で生成されるたびに
ドキドキ感を味わっていましたが、今ではほとんど感じなくなっています。

 

相場では何が起こるかわからない、という事を理解していますし、
事前にシナリオを立てて行動するようにしていますし、
どこでエントリーするのか、どこで手仕舞いするのかも分かっていますので、
心が振られる、ということが極力少なくなっています。

 

相場の損は相場で取り返す
昨日大損したから、今日こそリベンジを果たす

 

そんなトレーダーの都合なんてものも関係ないですね。
頑張るとか、奮起するとか、心機一転とか、
そういった感情すら必要ありません。

 

目の前で起こっている流れを認識して、
自分が決めたルールどおりに行動することだけを考える、
意識はそこに集中させるべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ