恋スキャFX、トレンド感知型ロジックの実践

昨日は、日銀金融政策決定会合を控えて、
リスク回避的な円買いが起こりました。

 

中長期的には円安方向へ動く事が予想されますが、
やはり現状は、上げピッチが相当に早いですから、
日銀金融政策決定会合を受けての材料出尽くしで、
一旦は売られることを警戒しての下げだと思われます。

 

また、昨日はNY時間は休場となるので、
トレンドは発生しにくい、とも考えられました。

 

そこで、リスク回避的な円買いが収まれば、
それ以降はレンジ相場になるというシナリオが立てられますので、
恋スキャFXでのレンジ相場のロジックが有効に機能するのではと思い、
恋スキャFX用のチャート画面で相場を見ていました。

 

恋スキャFXでのレンジ相場用のロジックは2種類あります。
「レンジ対応型」と呼ばれるロジックと、
「トレンド感知型」と呼ばれるロジックです。

 

昨日は、円買いが終了した後の戻しの動きが
トレンド感知型」ロジックでピッタリハマリました。

 

下記チャートは、昨日のEURJPY、GBPJPY、EURUSDのそれぞれ5分足チャートです。

 

恋スキャFXビクトリーDX完全版では、
サブウィンドウに表示するタイプのインジケータを2つ、
メインチャートに表示するタイプのテクニカル指標を1つ使用していますが、
一応、情報商材内のロジックに触れる部分でもありますので、
これらのインジケータは表示させていません。

 

EURJPY5分足チャート

GBPJPY5分足チャート

EURUSD5分足チャート

「トレンド感知型」ロジックとは、
トレンド状態もしくはトレンドへ移行しそうだったものが方向転換し、
レンジ内へ戻る動きを捉えるものです。

 

上記チャートでは、どれも青色矢印が2つ引いてありますが、
最初の矢印がロングエントリーポイント、次の矢印が手仕舞いポイントです。

 

内側へ向けての動きをスキャルピング的にうまく捉えていますね。
ポジションの保有時間も10分程度ですので、まさにパパッと終わらせた感じです。

 

複数通貨ペアを同時に監視することで、
このような円買いからの反転の流れを多角的に判断する事ができ、
より勝率を高める事も出来ます。

 

昨日に関しては、私の場合、ロンドン時間でのエントリーとなりましたが、
それ以降、NY時間に入ってからも明確な方向性は出ず、
レンジ状態が続きましたので、これ以降も小さいチャンスは沢山ありましたね。

 

レンジ相場の手法では、一番お勧めのFX情報商材です。
恋スキャFXビクトリーDX完全版、ぱぱっと読めない詳細レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ