スパンモデルの1分足の使用には注意が必要

スパンモデルに関わらず、どんな情報商材の手法であっても、
私は1分足をメインのチャートにすることには、あまり賛成しません。

 

時間軸を短くするにつれて、ノイズが大きくなり、今の動きが単なるブレなのか、
それとも、トレンドなのかが分かりづらくなるからです。

 

それに加えて、短い時間足チャートばかりを見続けていると、
相場の動きを微視的に捉えてしまう癖がついてしまい、
大局観的な判断を下す妨げにもなってしまいます。

 

また、ポジポジ病を誘発することにもなりかねません。

 

そういったことから、1分足の使用には十分に注意が必要なのですが、
だからといって全く使ってはいけないというわけでもありません。

 

時と場合によっては十分に利用価値があります。

 

特にスパンモデルの1分足に関しては、
雲という存在がトレンドの継続を表してくれて、
場合によっては、1分足にも関わらず結構長く続いてくれる事があります。

 

ですので、トレンド状態が明確になったのなら、
1分足スパンモデルにチャートを切り替えて、
その流れに追随するという手法は有りだと思っています。

 

例えば最近では、ドラギECB総裁の会見時での動きがそうですね。

 

下記は、2/7の22:30付近からのドラギ総裁会見時のEURUSDの1分足の動きです。

トレンドが長く続きすぎた為に、仕方なくローソク足1本1本が見えないくらい、
横軸を狭くしています。

 

22:30時点ではあまり動きが無かったですが、
会見の内容が明らかになるにつれて、下方向へ動き出しました。

 

チャートを見て分かるとおり、
赤色スパンがきれいに上値抵抗線的な働きをしていますね。
戻り売りを仕掛けるタイミングをうまく提供してくれています。

 

このような場合は、遅行スパンが陽転するまで、そして青色スパンに変わるまで
ずっと売り方針で見ていけば、方向性を間違えることはありません。

 

しかし、こんなきれいなトレンドばかりではありません。
多少いびつなトレンドになってしまうこともあります。

 

例えば最近では、麻生財務相の発言時の動きがそうですね。

 

下記は、2/8の麻生財務相の発言がニュースに出た時のEURJPYの1分足の動きです。

こちらも下降トレンドですが、先のドラギ総裁会見時のチャートと比較すると、
それほどきれいな下降トレンドとはいえないですね。

 

途中気になるポイントが幾つかあります。

 

17:00過ぎたあたりで遅行スパンが陽転し、
赤色スパンを上抜ける動きを見せています。

 

これを見て、トレンド転換と判断するのか、
それとも青色スパンに転換するまで我慢するのか、迷う場面です。

 

それからその直後、再度急落し、
再び遅行スパンが陰転し、赤色スパンを下抜けています。

 

これを見て、またショートを仕掛けるべきなのか、
それとも見送るのか、迷う場面です。

 

スパンモデルの1分足チャートは動いてくれさえすれば、
利益になる可能性が高いです。

 

このチャートでも、判断が難しい場面は有るものの、
スパンモデルの基本どおりにエントリーとクローズを繰り返していれば、
利益になっているはずです。

 

マーフィーさんも、大きく動いている時には
1分足のスパンモデルを使うことを推奨していますが、
あくまでも動いている時限定で使うべきですね。

 

間違っても下記のような時に1分足チャートを使わないで下さいね。

 

私こすぎもチャートに必ず表示させているお気に入りの情報商材です。
マーフィーの最強スパンモデル詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ