恋スキャDX、個人的には「トレンド感知型」ロジックが好みです

相変わらず円主体に大きく動く相場が続いていますので、
なかなか恋スキャDX向きのレンジ相場にならないですね。

 

「恋スキャFXビクトリーDX完全版」には、「高速スキャル」という
トレンド相場対応のロジックも含まれていますので、
現在の相場状況なら、「高速スキャル」メインで
チャートを監視したほうが良さそうです。

 

しかし昨日に関しては、米国市場がプレジデント・デーで休場となっていましたので、
やはりNY時間からはそれほど明確な動きはなかったですね。

 

ドラギECB総裁の発言により、一旦ユーロが売られる展開も見られましたが、
結局はレンジ内の動きに戻りました。

 

こうした相場の日には、恋スキャDXのレンジ相場用のロジックが効きやすいです。

 

レンジ相場用のロジックには、「レンジ対応型」と「トレンド感知型」と呼ばれている
2種類のロジックがあります。

 

その時の相場状況、及び自分のやり易い方でどちらかを選べばよいのですが、
私は「トレンド感知型」のロジックの方が好きですね。

 

この辺は好みの問題ですが、「レンジ対応型」の場合は、
5分足チャートで利用すると結構忙しくなったり、
一瞬の判断が要求されたりすることもあり、
集中力が続かないとやりにくいですね。

 

逆にその分チャンスも多く、パパッと数PIPS抜きたいのなら、
レンジ対応型」ロジックの方が効率が良いでしょう。

下記は昨日のGBPUSDの5分足チャートです。
FX-chart021901

トレンド感知型」ロジックを試してみました。
最初の赤色矢印の位置でショートエントリーして、
次の赤色矢印の位置で決済です。

 

NY時間が休みという事もあり、レンジではありましたが、
肝心のレンジ幅は狭かったですね。

 

動意薄の状態で、レンジ下限まで狙ってみたのですが、
ちょっと決済のタイミングがズレたみたいです。

 

次に、EURJPYの5分足チャートです。
fx-chart021902

こちらも「トレンド感知型」ロジックでのエントリーです。

 

最初の薄青色矢印の位置でロングエントリーして、
次の薄青色矢印の位置で決済です。

 

利確幅はマニュアルに書いてあるとおりに、指値で設定しておきました。

 

時間的には決済まで30分ほどでしょうか。
パパッとまではいかなかったですが、
動意薄の中、短めの時間で決済できました。

 

最後に、EURUSDの5分足チャートです。
fx-chart021903

こちらは、トレンド相場対応の「高速スキャル」を試してみました。

 

トレンド的には確かに右肩上がりですが、
角度が緩くダラダラとした状態ですね。

 

「高速スキャル」は複数の時間足のチャートを把握してから仕掛けるロジックですので、
一応マルチタイムフレーム分析を取り入れているのですが、
この日は、やはり大きなトレンドを期待するのは難しかったようです。

 

ドラギECB総裁の発言がある前に、狭いトレンドの上限あたりで決済としました。

fx-result0219

ちなみにサブウィンドウに関しては、ボカシを入れてあります。
恋スキャDXのロジックの部分でもありますし、
個人的に、より明確で分かりやすいインジケータを使用していますので。

 

レンジ相場の手法では、一番お勧めの情報商材です。
恋スキャFXビクトリーDX完全版、ぱぱっと読めない詳細レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ