今週の気になるライン、チャートパターン2/25

今現在、日足レベル、4時間レベルで個人的に気なっているライン、
及びチャートパターンをご紹介します。

 

最初にEURJPYの日足チャートです。
fx-chart-022501

ここに来てようやく高値切り下げ、安値切り下げの動きが見られるようになりました。
見方によっては、上昇トレンド中の一時的な下降チャネルライン形成中ともいえます。

 

このパターン出現により、日足レベルでも上昇トレンドが一旦止まった、
と解釈してよいでしょう。

 

長かったですね。
ほとんど波動らしい波動を描くことなく一方的な上昇でしたからね。
ようやく下げたという感じです。

 

今後はこの高値切り下げ、安値切り下げのパターンが
いつ崩れるのかに注目です。

 

このまま下降トレンドに転換、という可能性は低いような気がします。

 

円安の勢いがこれで終了するとも思えないですし、
今後は日銀総裁人事も控えていますので、
まだまだ円関連の話題は尽きないでしょう。

 

今はEURの弱気材料が目立っていますが、
再度JPYに注目が集まれば、直近高値更新も近い将来あり得ますね。

 

次に、USDCHFの日足チャートです
fx-chart022502

下降チャネルラインが引ける状態であり、
現在はその上値抵抗線付近まで上げてきました。

 

これまでの流れからしても、上下の平行ラインの上、下、上、下、上というように
きれいに反転していますので、
チャートの流れからすると、今後は下方向へ向かうシナリオが考えられますね。

 

日足レベルのスイングトレードをしている人なら、
この位置からショートをしても面白いのではないでしょうか。

 

目標値は、下値支持線付近で、損切り位置は1月17日付近につけた高値を
ちょっと越えたあたりでしょうか。

 

リスクリワード比からしても申し分ないと思います。

 

次に、USDCHFの4時間足チャートです
fx-chart022503

先のUSDCHFの日足チャートを1つ小さな時間軸で見てみると、
今度は右肩上がりの上昇チャネルラインが引けるんですね。

 

4時間足レベルではこれまで買い優勢の展開が続いてきましたが、
日足レベルの上値抵抗線付近まで上げた事で
この上昇チャネルラインが崩れてしまう可能性もあります。

 

もし今後、この上昇チャネルラインの下値支持線を割ってきたら
4時間足レベルでのショートが推奨されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ