今週の気になるライン、チャートパターン4/1

4月1日現在、日足レベル、4時間レベルで個人的に気なっているライン、
及びチャートパターンをご紹介します。

 

まずは、EURJPYの日足チャートです。
FXCHART040101
現在はWトップ的なチャート形状をしていますね。

 

日本における追加緩和ネタが尽きてきた頃に、キプロス問題が浮上した事で
最近はチャート的には下落傾向にありますので、
もしかしたらネックラインを試す動きが今週あたり見られるかもしれません。

 

今週はイベント満載ですから、上にも下にも大きく動く可能性がありますね。
仮にネックライン割れに至った場合は、そのまま下降トレンドへ移行するのかというと、
現状のファンダメンタルではそうでもないかもしれません。

 

おそらく黒田日銀総裁次第になると思いますが、
マーケットから材料出尽くしと思われない限りは、
ネックライン割れになったとしても、直ぐに上昇トレンドへ回復しそうな気がします。

 

次に、EURUSDの日足チャートです。
FXCHART040102
右肩下がりの上値抵抗線が引けますね。

 

トレーダーによってラインの引き方はいろいろあって、
ヒゲの先端から引く人やローソク足の実体部分から引く人や、
ちょっとのズレも許さない人や多少のズレは気にしない人など、
ラインの引き方一つとっても特徴が出てくるものです。

 

FX初心者の人の中には、ラインの引き方にも正解を求める人がいますが、
もちろんラインの引き方に正しい答えなどありませんし、
人それぞれ違ってて良いと思います。

 

重要なのは、みんなが見ていそうな、注目していそうなラインはどれなのか、
という意識でラインを引くことですね。

 

ちなみに私の場合のラインの引き方は、できるだけヒゲの先端から、
そして、できるだけズレないようにラインを引く派です。

 

ですので、このオレンジで引いたラインは、多少上抜けが見られるので、
私にとっては多少違和感がある引き方となっていますが、
でもまぁ、許容範囲内でしょう。

 

とりあえずは直近の安値付近まで目指して下げるのでしょうか。

 

ユーロ圏のさまざまな問題と、米国の堅調な経済指標を考慮すると、
直近安値を割れてしまうのかなぁ、とも思いますが、予測は禁物ですね。

 

最後にAUDUSDの4時間足チャートです。
FXCHART040103

数週間前までは、右肩上がりの下値支持線が引ける状況でしたが、
それを割ってからは、今度は右肩下がりの上値抵抗線が引ける状況に変わりました。

 

直近の動きとしては、黄色いラインで引いたような支持線に
支えられている格好にもなっていて、
ちょっとしたディセンディングトライアングルのチャートパターンです。

 

黄色いラインは数週間前までは上値抵抗線として機能していたラインであり、
それを抜けてから現在は、下値支持線に切り替わっている事が分かります。

 

ですので、このラインを割ってくると、
下方向への動きがより鮮明になってくると思われます。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ