今週の気になるライン、チャートパターン4/8

4月8日現在、日足レベル、4時間レベルで個人的に気なっているライン、
及びチャートパターンをご紹介します。

 

まずは、EURUSDの日足チャートです。
fxeurusd040801
先週の段階では、キプロス問題によるユーロの下げ、
及び、米の堅調な経済指標によるドルの上げで、
当分、下落が続くのかと思われましたが、
今週に入ってから、ドラギECB総裁の会見と米雇用統計の予想以上の弱い数字を見て
一転して形勢逆転という感じになり、直近安値の攻防を見ることなく、
上値抵抗線をブレイクしていきました。

 

円安気運ということもあり、リスク選好的に上げることも考えられるので、
今後は上方向へ目指すんでしょうか。

 

とりあえずは、+1σを終値で越えてボリンジャーバンドが拡大、
もしくは、上向きになったら上昇トレンド開始となり、
ロング主体で考えたほうが良さそうです。

 

次に、GBPUSDの4時間足チャートです。
fxgbpusd040802
オレンジラインで引いたようなボックス相場が続いていましたが、
やはり雇用統計の結果を受けて、その上限をブレイクしています。

 

GBPUSDは、日足レベルでは直近でかなりの下落が続いていましたので、
その下落の調整による上げ、戻り局面といえるでしょう。

 

ボリンジャーバンドで見ても、+1σ上での推移となっており、
当面は上方向が有利といえますが、今後+1σを割ってきたら、
再び日足の方向である下降トレンドへ転換しそうな気もします。

 

最後に、USDCHFの4時間足チャートです。
fxusdchf040803
図のような下降チャネルラインが引けますね。

 

直近の下げが急激ですので、
とりあえずの下げ止まりの目安は、チャネルラインの下限となります。

 

もし現時点で、売りのポジションを持っていたら、
この下限で利確するのも検討の余地がありますね。

 

逆に今からショートのポジションを持つのは4時間足レベルでは遅いかもしれません。
一旦調整の戻りを見てからの再下降をショートしたほうが安全でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ