マナブ式FX、トレンド方向へのエントリーなら時には利大を目指す

昨日のロンドン時間は思いのほか円高が進みましたね。

 

それまで一方的な円安でしたので、ある程度の調整はあると思っていましたが、
思いのほか深かったという印象です。

 

しかし、昨日の下落に関しては、
トレーダーみんなが下落を予想していたわけではなくて、
また、何か円買いの材料が出たわけでもなくて、
おそらくは単なる利益確定の売りでしょう。

 

リアルタイムでニュースを見ていましたが、特にそれらしい材料は出ていなくて、
「ただ下げている」という事実を伝えるニュースばかりでした。

 

ですので、昨日のロンドン時間の下落は、あくまでも利益確定の結果の下げであり、
誰もが、この下落は長続きするとは思っていなかったはずです。

 

日銀の金融緩和策によるJPYの先安観は、今でも衰えてはいません。
トレーダーの多くは、上向きに仕掛けたがっているはずです。
私もそうしたトレーダーのひとりです。

 

昨日の下落に関しては、マナブ式FXでチャートを見てみると、
東京時間からロンドン時間にかけては、上昇トレンドから下落トレンドへ
わりときれいにトレンド転換しているので、
ショートを仕掛けることもできたでしょう。

 

しかし私の場合、このようなファンダメンタルと一致していない方向へは
自分の相場観とも合っていませんので、なかなか仕掛けづらいと思ってしまいます。

 

それどころか、下がれば下がるほど、
その後の反転した時の上昇幅は大きくなると思っていたので、
私はこの下落に乗ることは全く考えずに、
虎視眈々と反転のタイミングを狙っていました。

 

私の経験では、大きな時間足が上向きで、相場観も上向きであるにも関わらず、
このような一部の大口トレーダーによる利確の下げが起きた時の、
その後の反転上昇を狙うのは、かなり高確率という印象がありますね。

 

このような反転のタイミングを計るには、マナブ式FXがとても重宝します。

 

マナブ式FXでは、5分足チャートをメインに監視して、
そのひとつ上のチャートである15分足チャートについても
確認する事が推奨されていますが、
私の場合は、更にひとつ上の1時間足チャートまで確認するようにしています。

 

昨日の場合は、1時間足チャートの形状から、下げ止まりのポイントを想定し
そこからの反発を狙うようにしました。

 

下記のチャートは、昨日のEURJPYの5分足チャートです。
manabusikifx041001
私はこのチャートを見ながら、
じっくりと反転のタイミングを捉えようとしていました。

 

1時間足チャートで節目といえる位置まで下げた段階で、
マナブ式FXの5分足チャートでは、サプウィンドウの●●が
売られすぎからの反転を示して、ロングのサインが出現、
しかも、同時にダイバージェンスのサインも出現して、
より高確率なサインとなっていましたので、
これらを確認してのロングエントリーです。
上記チャートにおける最初の青色矢印の箇所ですね。

 

私はマナブ式FXでは、通常ならリミットを設定して決済するのですが、
この日に関しては、調整の下げ幅が大きかったので、
リミットを設定せずに、●●が買われ過ぎゾーンに達するまで粘ってみました。

 

その結果がチャートの上に示した利確位置です。
なかなか良い位置で利確できていますね。

 

まず最初に、●●が買われ過ぎゾーンに入ったところの青色矢印で半分利確、
残りは、●●が反転を示唆したところの3つ目の青色矢印で利確です。

 

最初の半分で+60PIPS、残りの半分が+31PIPSでしたので、
まずまずといえるでしょう。

 

ちなみにこの時、同タイミングでEURUSDも仕掛けました。
manabusikifx041002
こちらは調整の円買いにつられるように、ドル買いが発生して下げていましたので、
それほど大きな下落とはなっていませんでした。

 

ですので、こちらのポジションは粘る事をせずに、
いつも通りのリミットを設定しての決済です。
manabusikifx041003

私は多くの情報商材を見てきていますが、
これほどタイミングが計りやすい商材は他にはないです。

 

特に昨日のような、反転上昇することがほぼ確定、というような相場状態の時には
マナブ式FXという商材はとても使い勝手が良くて、安心してトレードできますね。

 

エントリーのタイミングが悪くて、いつも含み損になってしまうという
FX初心者の方には試してみる価値大だと思います。

マナブ式FX詳細レビュー、本気で勝ちたいなら最後まで読んでください

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ