今週の気になるライン、チャートパターン7/7

7/7日現在、日足レベル、4時間レベルで個人的に気なっているライン、
及び、チャートパターンをご紹介します。

 

まず、EURUSDの日足チャートです。
EURUSD0707
雇用統計の結果を受けて、ドル買いが更に進んでいます。

 

QE縮小に関する思惑が現実味を帯びてきて、
市場もそれを織り込みつつあるようです。

 

チャート的には、オレンジラインで引いたような右肩上がりの下値支持線が引けます。
上記図には収まりきれていませんが、
この下値支持線は昨年11月の安値を起点としています。

 

週末の大引けが、ちょうどこのオレンジライン到達で終わっていますので、
このラインが抵抗線になるのかどうか、週初から注目です。

 

しかし、このような微妙な傾斜の右肩上がりの下値支持線は
効くのかどうか分かりづらいですね。

 

直近安値も下値として意識されるケースもあるので、
ライン自体はそれほど意味が無いかもしれません。

 

しかも、QE縮小観測によるドル買いは、市場の中期的なテーマになっているので、
案外あっさりと下値ブレイクも有り得ます。

 

次に、GBPUSDの日足チャートです。
GBPUSD0707
こちらも先のEURUSDと同様にドルストレートですので、一方的な下落が進んでいます。
しかもGBP安の影響もあり、更に下落スピードが速くなっています。

 

最初のオレンジラインで抵抗にあうのかと思っていましたが、
雇用統計で一気に割れてきました。

 

次は、今年の3月につけた安値が支持線として意識されるかどうかです。

 

下落のスピードが速いだけに、
このライン到達でテクニカル的に一時的に支持される、
売りポジションの利確が強まる事もあると思いますが、
現状では、やはり近々割れるような感じがします。

 

最後にEURJPYの日足チャートです。
EURJPY0707
クロス円に関しては、明確な方向性が出ていないので難しいですね。

 

一応チャート的には、三尊天井の形成途中というようにも見えます。

 

オレンジラインのようなネックラインも水平に引けますので、
ここを割れるようなら、教科書に載せるような典型的な
三尊天井からの売りサインというチャートパターンになります。

 

しかし、円売りという意識もトレーダーの中にはまだ残っているはずですので、
日足レベルで明確な下降トレンドにはなりにくと思います。

 

新たな市場テーマが出てくるまでは、
方向感の無いボックス的な動きになるのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ