FX革命DXで直近2か月分のEURUSDを検証してみました

FX革命DXは8月6日(火)19時から販売される予定ですので、
現在はまだ発売前なのですが、私は既にFX革命DXの専用サイトへ行って
全ての動画を見ました。

 

ロジックに関しても全て確認しましたので、
とりあえず直近2か月分のEURUSDについて、4時間足チャートで運用した場合、
どのような成績になったのかを検証してみたいと思います。

 

まず、FX革命DXの手法のポイントとしては、

1.使用するインジケータは1つだけであり、ロジック自体は明確である事
2.チャートパターンを利用したテクニックで成績の安定化
3.トレンド相場の見極め方法

この3つが重要ポイントとなっており、
これらを駆使する事で長期的に勝てるようになっています。

 

1番自体は、とてもシンプルです。FX初心者でも経験者でも、
誰が見ても同じように解釈できるほど分かりやすいものです。

 

2番と3番は、ある程度の裁量判断が要求されます。
チャートの形状に基づいて判断するものですので、
多くのチャートパターンを見る事で徐々に慣れていく部分でもあります。

 

実際に運用する場合、
1番だけで運用するのか、
1番と2番で運用するのか、
1番と2番と3番で運用するのか、
そのあたりは用いるトレーダーの性格や好みによって違ってくるでしょうが、
個人的には、1番と2番は最低でも必要ではないかと思っています。

 

「FX革命DX」の専用サイト内には、トレードモデルケースという
過去チャートにおける検証トレードも数多く収録されていますので、
今回のEURUSDの直近の検証に関しては、
そのトレードモデルケースに則ってやっています。

 

下記は2か月分(9週間分)のトレード検証結果ですが、
あまりにも横幅が長くなってしまい、収まりきれなかったので、
3週間×3で3分割していますので、ちょっと見にくくなっているかも知れません。

 

まずは、6月3日からの3週間分のEURUSDの4時間足チャートです。
fxkakumeidx080301
最初の青色矢印で買いエントリーして、そのままキープ、
次の青色矢印で決済となります。

 

利益幅は、約+290PIPS程度となるでしょう。

 

その後、赤色矢印で今度は売りエントリーとなります。
「FX革命DX」では、途転(ポジション決済後、逆向きのポジションを持つ)も
インジケータのサインによっては行う事もあります。

 

売りポジションを持ってからの次の3週間分のEURUSDの4時間足チャートです。
fxkakumeidx080302
赤の水平点線が引いてありますが、これは先ほどの売りポジションを取った位置です。
その後、順調に下げてくれて赤色矢印の位置で決済となります。

 

利益幅は、約+360PIPS程度となるでしょう。

 

そして、その後再び途転して、青色矢印で買いエントリーとなります。

 

買いポジションを持ってからの次の3週間分のEURUSDの4時間足チャートです。
fxkakumeidx080303
青の水平点線が引いてありますが、これは先ほどの買いポジションを取った位置です。
その後は、ジリ高基調が続き、青色矢印の位置で決済となります。

 

利益幅は、約+310PIPS程度となるでしょう。

 

以上が、直近2か月分のEURUSDの4時間足での運用結果です。
「FX革命DX」のトレードモデルケースの動画の通りに検証しましたが、
3回のトレードで合計+960PIPSとなっており、ちょっと出来過ぎですね。

 

「FX革命DX」はトレンド相場に適した手法であり、
上記のチャートを見て分かるとおり、EURUSDの最近の動きとしては、
割りときれいな上昇トレンド、下降トレンド、上昇トレンドとなっていて、
トレンドの切り替えもスムーズにいっているので、
このような好成績になっています。

 

FX-Jin氏の説明によると、この手法はメジャーな通貨ペアなら
どの通貨ペアでも適用できるとの事ですので、
次回は別の通貨ペアでも検証してみたいと思います。

 

販売は8月6日(火)19時から。
4980円の格安価格です。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ