鶴式FXスキャルピング・プラス先行販売価格の期限は9/26の23時まで

鶴式FXスキャルピング・プラスでは15分足で方向性を確認します。

 

つまり、
基本的には15分足チャートのトレンドの方向へ仕掛けることになりますので、
15分足のトレンドが明確でない、もしくは
15分足がトレンド転換に差し掛かっている場合は、
一旦、トレードを控えた方が無難でしょう。

 

昨日のロンドン時間、15分足チャートで見たEURJPYは、
まさにトレンド転換場面でしたので、見送った方が正解でしたね。

 

EURJPY15分足チャート
turusikifx092501

流れとしては、17時発表のIFO景況指数へ向けて、円売りとなりましたが、
発表後は一転して円買いに傾き、
短期的な上昇トレンドと下降トレンドが現れることになりました。

 

鶴式FXスキャルピング・プラスでは15分足の方向性を重要視しますので、
昨日のような、ロンドン時間初動に上げて、その後下げるような展開では、
上記図のように、15分足レベルではトンレドが転換する事になります。

 

こうなると、移動平均線も上を向いたり下を向いたりで
ハッキリとしたトレンド状態とはいえないですね。

 

この商材は、スキャルピングといえども、
トレンドに沿った方向へ仕掛けることになるので、
流れが変わる可能性のある指標発表前後では、
トレードは控えた方が良いでしょう。

 

また、持合からの動き始め、トレンド転換の初動を狙おうとすると、
どうしてもダマシが多くなり、勝率が悪くなってしまうので、
トレンドが明確になってからの、中盤以降を狙った方が
より安定した成績が残せることになるでしょう。

 

鶴式FXスキャルピング・プラスでは、いくつかの押目買い、戻り売りの
ポイントが動画で解説されていますので、
そこだけを狙っていくのも良いと思います。

 

そして、EURJPYが推奨通貨ペアになってはいますが、
ここ数日間、鶴式FXスキャルピング・プラスのチャート画面で
さまざまな通貨ペアを監視してみましたが、
見た感じは、その他のクロス円、ドルストレートでも、
問題なく使える手法であるという印象です。

 

まぁ、スキャルピングという手法の特性上、
スプレッドの広い通貨ペアはトレード対象にしないほうが無難ですが、
トレンドが出ているメジャーな通貨ペアなら、
どれをトレード対象にしても良いでしょう。

 

ちなみに昨日は、トレンドが明確になったNY時間に戻り売りをしてみました。

EURJPY5分足チャート
turusikifx092502
最初の赤矢印がショートのエントリー位置で、
次の赤矢印が手仕舞いの位置です。

 

私の場合通常は、15分足チャートメインの別の商材の手法で監視していますが、
その手法に合わない相場展開の場合は、
鶴式FXスキャルピング・プラスのチャート画面に切り替えて
監視を継続する事もあります。

5分足メインのスキャルピングに切り替えると、
狙える値幅は少なくなりますが、
新たなエントリーポイントが見えてくるのが嬉しいですね。

 

最後に、、、
鶴式FXスキャルピング・プラスは販売されたばかりの商材という事で、
現在、先行販売価格となっており、通常よりも価格が安く設定されています。

 

その先行販売価格の期間が9月26日(木)の23時までとなっています。
もうすぐですね。

 

どのくらいの値上げ幅になるのかは分かりませんが、
少しでも安くと考えている方は、
今週木曜日の23時までに決断してくださいね。

 

勝ちやすいパターンを狙ってコツコツとトレード
鶴式FXスキャルピング・プラスの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ