マナブ式FX、ニュースに注意しながらの短期デイトレ

昨日月曜日は、マナブ式FX完全マスタープログラムでデイトレしてみました。

 

週初は米の暫定予算案をめぐる攻防と、
それによる政府機関の閉鎖による悪影響の思惑で
リスク回避の円高となり、大きくギャップダウンして始まりました。

 

そして、円関連の通貨ペアはロンドン時間に入っても、
そのまま弱含みの状態でしたね。

 

昨日に関しては、ほとんどのトレーダーがチャートの動きよりも、
米予算に関するニュースの方に意識が向いていたので、
やりにくかったですね。

 

エントリーのタイミングが悪いと、
ちょっとしたニュースのヘッドラインでも振り落とされそうでしたし、
利大を目指す行為も、急反転されると一気に含み益が減りそうで
トレード方針をどのように立てるか難しかったです。

 

ということで、タイミングを取りやすく、
指値でリミット設定できるマナブ式FXで監視することに決めました。

 

以下は、昨日のEURJPYの30分足チャートです。

マナブ式FX完全マスタープログラムの商材内の解説では、
大きな時間足で方向性を確認する場合は、
15分足チャートを使用する事になっていますが
個人的には、30分足チャートの方が分かりやすいと思っています。

 

ここ数ヶ月間はずっと30分足チャートと5分足チャートという組み合わせで
検証しているのですが、かなりの手ごたえを感じています。

 

EURJPY30分足チャート
manabusikifx100101
上記チャート内に、赤色四角枠青色四角枠が記してありますが、
赤色四角枠は、オシレータの状態から売り優勢な場面、
青色四角枠は、オシレータの状態から買い優勢な場面、
となっています。

 

ロンドン時間の開始時点では、赤色四角枠内でしたので、
ショート目線で相場を見ていました。

 

しかし、先ほども書いたように、ニュースに振られる展開でしたし、
個人的には、政府機関の閉鎖に関しては、
いつものようにギリギリで回避するのでは?
という考えもあって、ショートポジションをキープし続けるのは
リスクが高いと思っていました。

 

ということで、5分足でタイミングを計りながら
なるべく短時間でトレードを終わらせようという方針で臨みました。

 

EURJPY5分足チャート
manabusikifx100102
最初の赤色矢印がエントリーポイントで
次の赤色矢印が決済ポイントです。

 

雲の下にあり、Coral(コーラル)を下抜け、
オシレータも売りサインを示したところでショートです。

 

そして、1時間ほど経過して指値にかかってトレード終了です。
manabusikifx100103

後から見ると利確位置が早かったようですが、
東京時間に付けた安値の手前でもありましたし、
ニュースで急反転の可能性もあっただけに、
当初の予定通り利確できた事で満足すべきでしょう。

 

実際にそのあとは、暫定予算案に関するニュースのヘッドラインを受けて、
急速に円安が進んでいます。
できれば、こちらの上昇トレンドに乗りたかったですね。反省です。

 

高勝率のトレードがしたいのなら、この商材がお勧めです。
マナブ式FX詳細レビュー、本気で勝ちたいなら最後まで読んでください

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ