Dealing FX~適切な資金管理・ポジションサイズとは

あなたはトレードを行う時のポジションサイズをどのように決めていますか?

 

資金管理について勉強していないFX初心者では、
おそらく適当に取引枚数を決めている事が多いと思います。

 

しかし、資金管理というのは、
マインドと同じくらいにトレードには重要な要素です。

 

ですので、本来なら資金管理を最初に勉強すべきと言えますが
FX初心者のうちから、そこへ目が行く人はほとんどいないでしょう。

 

しかし、資金管理の考え方は、ある程度決まっているので、
とりあえず基本的なことだけは抑えておきたいです。

 

そこで、お勧めするのが「Dealing FX」での以下の動画です。
この動画では、資金管理についての基本的なことを学ぶ事ができます。

 

詳しい内容は動画を見て確認して欲しいのですが、
1回のトレードにおける許容リスクについて解説されています。

 

つまり、1回のトレードで損切りとなった場合、
どれだけ資金(証拠金)が減少しているか、
という観点から取引枚数を決めるようにしています。

 

この許容リスクについては、
各FX情報商材ごとに考え方が微妙に異なっているのですが、
「Dealing FX」では、1回のトレードにおける許容リスクを1%としています。

 

つまり、1回のトレードで損切りとなった場合、
資金の減少が最大でも1%
であるということです。

 

証拠金が100万円なら1回の損切りトレードでの損失額が1万円まで、
証拠金が10万円なら1回の損切りトレードでの損失額が1000円まで、
という事になります。

 

このように、資金の減少の観点でポジションサイズを決めるのが
基本的な考え方となります。

 

これを踏まえたうえで、以下の動画を見てください。

いかがですか。

計算方法も決して難しいものではなく、
小学生でもできるような単純なものですので、
是非、あなたのトレードに取り入れるようにしてください。

 

しかし、資金管理を理解していない、勉強してない多くのトレーダーは
この許容リスク1%の動画を見ると、
そんなに少ない取引枚数でトレードするの?
と思うでしょう。

 

しかし、安定的に長期的にFXを続けるには、
このくらいが最も適したリスク許容度といえるんですね。

 

1回の損切りトレードで資金が10%も減ってしまうようなトレードは
もはやトレードではなく、ギャンブルですので、止めておきましょうね。

 

チャートの動きは自分でコントロールできませんが、
資金管理は自分でコントロールできます。

 

仮に証拠金が減ったとしても、
今後挽回できるくらいの資金的余裕、精神的余裕を持って
トレードに臨んでいかなければいけません。

 

今まで適当に取引枚数を決めていた人は、この動画を見て、
自分にとって最適な取引枚数を計算できるようにしてください。

 

支持線、抵抗線、トレンドライン見えていますか?
DealingFXいつも以上に詳しいレビューでスイマセン

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ