Dealing FX~鉄板トレード手法

Dealing FXの数多くの動画の中には、
鉄板トレード手法という動画もありますので、今回はそれをご紹介します。

 

鉄板トレード手法というと、その言葉のイメージから、

絶対勝てる手法
勝率100%に近い手法

と思ってしまうトレーダーも多いと思いますが、
当たり前の事ですが、この世に絶対勝てる手法なんて存在しません。

 

今回紹介する動画も勝率100%と過大に解釈しないで下さいね。
あくまでも期待値>1の手法という意味に解釈して下さい。

 

しかも、用いる人が適切なマインドで利用しなければ、
期待値<1になってしまう可能性もありますので、
その点は注意しなければいけません。

 

私自身もこの動画の中で語られている考え方は、常に意識しているもので、
相場の原理原則に則った適切な手法であると思います。

 

大きく分けて2点語られており、それらは
大きな流れに沿って仕掛ける事と、
サポートライン、レジスタンスラインを意識する事
です。

 

FX初心者の方は、チャート画面を開いた途端に
オシレータ系のインジケータのラインや数字に目が行って、
エントリーのタイミングを計る事ばかりを考えていますが、
それでは長期的に安定して勝ち続けることはできません。

 

それ以前にやることとして、

・上位時間軸のトレンドの方向を確認
・サポートレジスタンスに絡んだ動きを確認

これだけは、エントリー前に必ずやっておかなければいけません。

 

例えば、5分足チャートは、下降トレンドになっていても、
それを1時間足チャートで見てみると、
上昇トレンドの中の調整の一部分だったりしますよね。

 

俗に言う、「木を見て森を見ず」ですが、
FX初心者は、5分足チャートしか見ておらず、
自分が調整の一部分に乗っていることを自覚していない事も多いです。

 

最低限自分が見ている時間軸の、もう1つ大きな時間軸を確認して、
その方向だけに仕掛けるようにして勝率を上げていきます。

 

また、サポートラインやレジスタンスラインに関しても、
チャートを見れば、ラインが明確に引けるにもかからず、

面倒くさい
引き方が分からない

などと言い訳をして、ラインを疎かにするトレーダーも多いですが、
多くのトレーダーがサポート、レジスタンス、節目を意識しているのに
自分だけが意識しないなんて、わざわざ勝率を下げているようなものです。

 

サポートやレジスタンスの攻防というのは、
買い勢力と売り勢力の力関係が転換する可能性の高い場所でもありますので、
そこでの動向を注視するのは、トレーダーとして当然のことです。

 

ですので、まずエントリー云々を考える前に、
上記2つについて確認する癖をつけましょう。

 

それが勝率を上げるコツでもあります。
その点を意識して下記の動画を見てください。

長期の●●を確認

短期の●●を待つ

●●後の調整を待つ

●●からの反発でエントリー

この手順はいわゆる押目買いですが、
これほど明確に定義づけされていれば迷う事はないでしょう。

 

まぁ、こちらの動画は専用サイトに置かれている動画ではなく、
無料の動画なので、それほど詳しく解説されてはいませんが、
Dealing FX内の専用サイトには、これ以外にも数多くの
エントリーパターンが紹介されています。

 

何はともあれ、期待値>1という意味での鉄板トレード手法を構築したいなら、
この動画で語られている原理原則に従うことが最優先事項となります。

 

支持線、抵抗線、トレンドライン見えていますか?
DealingFXいつも以上に詳しいレビューでスイマセン

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ