「手法構築のヒント」の記事一覧

リスクリワードを先に決めてから勝率の改善を図る

oco15110701

損小利大のトレードは心理的に難しいですが、ここで発想を転換して、全く心理的な影響を受けず、しかもとても簡単に損小利大のトレードが実現できてしまう方法がある事を知っていますでしょうか?それは、、、

BreakFakeの3種類の手法形態の紹介~手法の意図を理解して取り組む

breakfake15061903

BreakFakeとは私が考案したオリジナル手法の事です。実は現在、BreakFakeはその手法の形態としては3種類存在しています。それぞれどのような形態なのか、ひとつずつ紹介して、その違いを確認してみます。

ダマシの少ない期待値の高いブレイクアウト場面の見分け方とは?

fxpercent15030501

一般的には、ブレイクアウト系の手法は勝率が低いと言われています。経験則的には単にレジスタンスラインを抜けた、サポートラインを割ったという理由だけでエントリーしていては、おそらく勝率は20~30%程度ではないかと思われます。そこで今回は、私がブレイクアウトでエントリーする際に意識しているポイントを紹介します。

裁量トレードとシステムトレード~自分に適した割合を見つける

fx14102902

完全裁量トレードで長期間にわたって勝ち続けられるほどFXは甘くないです。同時に、完全システムトレードで長期間にわたって勝ち続けられるほどFXは甘くないです。私達のような一般的なトレーダーが長期的に利益を上げる方向性としては、、、

マルチタイムフレーム分析で各時間軸の方向が違っていた場合の考え方

img140805

マルチタイムフレーム分析をする際に、各時間軸で方向性が違っている状況は起こり得ます。そのような時にはどの時間軸に従ったらよいのか、どのような方針で臨めばよいのか、詳しく解説します。

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ