FXB-Manual~他人のマルチタイムフレーム分析の仕方を真似る

FXB-Manualの著者であるFXBさんは自身のブログをお持ちなのですが、
そのブログからはライン配信用のメルマガに登録する事もできます。

そのメルマガでは、FXBさんがその日注目しているサポートライン、
及び、レジスタンスラインなどをメールで配信してくれるのですが、
実はこのメルマガの中には、「ポイントプレゼント」という仕組みがあって、
ある簡単な事“をすると、毎回5ポイントずつ貯まるようになっています。

そして、ポイントが貯まっていくと、その獲得したポイントに応じて
動画などのプレゼントを受け取る事ができます。

具体的には、以下のようなものを受け取る事ができます。
fxb14112101
ちなみに、私は現時点で既に1700ポイント以上貯まっており、
これらプレゼントを全て受け取っています。

1回のメール配信につき、5ポイント受け取る事ができますから、
私は340回分のメール配信で、”ある簡単な事“を積み重ねてきたために、
これらを全て受け取る事ができたんですね。

ここまでのポイントを獲得するのに、期間的には1年以上かかっており、
おそらくFXBさんのメルマガを購読している読者の中でも
私はトップクラスのポイント獲得者だと思います。

そして、これらのプレゼントの中で、私にとって最も役に立ったのは、

誰でもスナイパーの様なトレードが出来る様になる為のエントリー解説

のシリーズです。

プレゼントの中では、第三部編まで書かれていますが、実は第四部編まであります。

他のトレーダーはどのようにマルチタイムフレーム分析をしているのか

あなたは自分以外のトレーダーが
どのようにしてマルチタイムフレーム分析をしているのか知りたくないですか?

自分のマルチタイムフレーム分析力が他のトレーダーと比較して、
どの程度のレベルのものなのか計ってみたくないですか?

マルチタイムフレーム分析の仕方には、決まった手順があるわけではないので、
各自で我流で分析しているトレーダーも多いと思います。

例えば、
移動平均線の上に価格が位置しているから上昇トレンド、
それを複数時間軸に渡って順番に見ていき、全ての時間軸で上昇トレンドなら
現在は買い優勢状態としてロングを指向する、
という基本的なやり方で分析している人もいるでしょう。

もちろん、それだけでもやらないよりはマシで、全然良いのですが、
ちょっと心許ない感じもしますね。

本当のマルチタイムフレーム分析を知りたいのなら、

誰でもスナイパーの様なトレードが出来る様になる為のエントリー解説

の動画を視聴する事をお勧めします。

この「誰でもスナイパー」シリーズの動画は、
FXB-Manualの購入者さんがスカイプによって実際にFXBさんと会話をしながら、
自身のトレード記録を、日足、4時間足、1時間足、15分足のチャート画面をもとに
どのような理由でエントリーに至ったのかを
具体的に各時間軸でその理由を説明しています。

fxb14112102

この動画を見れば、
本当の意味でのマルチタイムフレーム分析とはどういうものなのか
を理解する事ができるでしょう。

と同時に、おそらく自分のこれまでのマルチタイムフレーム分析の弱さ、
及び、トレード根拠の薄さに気づかれる人も多いと思います。

FXB-Manualを購入し、継続的に勉強していくと、
これほどまでに多くの根拠を持ってトレードできるようになるんですよ。

この「誰でもスナイパー」シリーズの動画を第一部から第四部まで、
繰り返し視聴して、その分析方法を真似ていけば、
より高勝率のポイントが分かってくるはずです。

そしておそらく、FXB-ManualのPDFファイルの解説を読んだ時よりも、
ユーザーサイトに置かれてある映像解説を視聴した時よりも、
より鮮明にマルチタイムフレーム分析の仕方のイメージが沸くと思います。

マルチタイムフレーム分析というのは、言葉だけで説明するのは難しく、
また、2,3パターンの例を出しただけで全てを説明できるものでもありません。

できるだけ多くの参考例を出して、多くのチャートを繰り返し見る事で、
そのチャートパターンがリアル相場でもイメージできるようになっていきます。

そういったイメージ力を身に付ける為には、
この「誰でもスナイパー」シリーズはうってつけといえるでしょう。

ちなみに、FXBさんのメルマガ、そしてポイントプレゼントというのは、
FXB-Manual購入者でなくても無料で購読し、動画も受け取る事ができますので、
私のように毎日コツコツとポイントを貯める事ができるならば、
これらの動画は誰でも見る事ができます。

もちろん、動画の中のエントリー解説などは、
FXB-Manualにおける考え方を基準にしていますので、
この商材の中身を知らないと、理解しづらい部分もありますが、
マルチタイムフレーム分析の考え方自体は参考になるでしょう。

ネットで、「FXB」と検索すれば、FXBさんのブログがすぐに見つかりますので、
興味がある方はメルマガに登録してみてはいかがでしょうか。

損切り幅-10PIPSのデイトレ手法を試してみませんか?
FXB-Manual詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ