恋スキャDXの実践、当初のシナリオが崩れてやりづらかった

昨日木曜日は、恋スキャDXでチャートを監視しました。

 

今週は週明け早々にUSDJPYが100円を目前にして、いつ100円越えをトライするのか、
もしかしたら、月曜日の早朝にでも一気に抜けるのでは、とも思っていましたが、
結局はまともにトライすることなく、高値切り下げ状態が続いています。

 

しかし、だからといって下降トレンドというわけでもなく、
下がれば押目買いを狙っているトレーダーも多く、
直ぐに反発するようなチャート形状も見られており、
基本的にはボックス相場と言えますね。
これはUSDJPYだけでなく、クロス円全般にも言えることでした。

 

特に週後半にかけては、徐々に動きが狭くなっていき、
下値も固いが上値試しもしないというレンジ相場が続いており、
雰囲気的には、週末金曜日の日銀金融決定会合を控えて、様子見姿勢が強まり、
円関連の通貨ペアに関しては明確な方向性が出ないと思える状況でした。

 

こうした雰囲気から、昨日木曜日に関しては、トレンドが発生しないと想定し、
今週のこれまでの流れから、やはりレンジ相場の可能性が高いと判断して、
レンジ相場に有効な恋スキャDXでチャートを監視することを決めました。

 

基本的なシナリオとしては、円関連通貨ペアのレンジ下限からの反発狙いです。

 

今週の流れからもそうですが、下げれば買い上げる動きが見られましたので、
そうした動きに期待しました。

 

明日の日銀金融政策決定会合を控えて、下降トレンドにはならないだろう、
基本的にはレンジ、もしかしたら期待感でジリ高の円安基調か、
という感じです。

 

しかし、実際に監視を始めると、
ロンドン時間に発表された英第1四半期GDP・速報値が好感されて、
GBP関連の通貨ペアが急騰して、それにつられるようにEURも急騰、
リスクオン的な流れが発生してしまい、当初予定していた
円関連通貨ペアの下げてからの反転狙いというシナリオが崩れてしまいました。

 

よって、ロンドン時間はGBPJPYが主体となって動く事が想定されるので、
GBPJPYの動きを横目で見つつ、その他の円関連の通貨ペアの
押目買い、反転買い狙いとなりました。

 

下記は、EURJPYの5分足チャートです。
2箇所矢印がありますが、どちらもロングで、最初がエントリー、次が決済位置です。
koisca042601
まず最初の矢印ですが、
GBPJPYが大きく上昇したことにつられて、この通貨ペアも上昇しましたが、
その後の調整の下げからの押目買いです。

 

GBPJPYでは急騰し過ぎて恋スキャDXのロジックに合わなかったですが、
EURJPYはいい感じで調整の下げが起きたので、
恋スキャDXでの「高速スキャル」のロジックの適用です。

 

まだ明確な上昇トレンドとはいえなかったので、
GBPJPYを見ながらの慎重なエントリーです。

 

本当はもう少し粘りたかったのですが、
GBPJPYの動きが激しすぎて流れが良く分からず、短時間で決済させました。

 

次の矢印も、GBPJPYと連動するようにEURJPYも下げてきたので、
レンジ対応型」のロジック適用でロングエントリーです。

 

エントリー後すぐに上げてくれましたので、
ほんの2分ほどでパパッと終わらせました。
いい位置でエントリーできたので、もっと時間をかけて
レンジの中心付近までキープしても良かったですね。

 

次は、USDJPYの5分足チャートです。
2箇所矢印がありますが、どちらもロングで、最初がエントリー、次が決済位置です。
koisca042602
2箇所とも、「レンジ対応型」ロジックの適用ですが、
このチャートを見ると、GBPJPYの急騰にはほとんど反応していないことが分かります。

 

ですので、先のGBPJPYの急騰は明確なリスクオンの流れにはつながらず、
GBPとEURだけの反応だったようです。

 

こちらはレンジ幅が狭かったので、ちょっとやりにくかったですね。
最初のエントリーは、ほぼ予定通り決済できましたが、
2回目エントリーは、決済までちょっと時間がかかりました。

 

USDJPYは下値は固い印象がありましたので、
大きな下落に発展する事はないと思っていましが、なかなか反転しませんでした。

 

移動平均線も下向きになりつつあり、他のクロス円もベア領域で推移していたので、
念のため微幅利確で決済しました。

 

しかし、その後の動きを見るとやっぱり上げていますね。
ちょっと辛抱が足りなかったようです。

 

その後はNY時間にかけて、相場の動きが分かりにくかったです。
21:30の新規失業保険申請件数でドル買いに傾き、
その影響なのか急激にユーロ売りが進んでいきました。

 

私のこの日の方針としては、JPY主体の動きとなって、
下げれば反転狙いの買いでエントリーするつもりでしたので、
ロンドン時間の指標発表後のGBP買い、
NY時間の指標発表後のUSD買い、
そしてEUR売りという動きは、JPYが全く表に出ず、
当初の想定外の動きばかりで少し違和感を感じていました。

 

NY時間には、そのようないつもの雰囲気とは何か違っている事を感じながらも
以下、EURJPYの5分足チャートでエントリーしてみました。
koisca042603
矢印が3本ありますが、最初が「レンジ対応型」でのロングエントリーで、
次が、「トレンド感知型」でのロングエントリーで、
最後の矢印が決済位置です。

 

最初の矢印でエントリーした後、
更にユーロ売りが進んで、含み損状態になっていました。

 

この時には損切りも考えましたが、
商材内に書いてある既定の損切り条件に達していない事と、
ロンドン時間に付けた安値を下回っていないので、
ポジションをキープする事にしました。

 

結果的には運良く反転してくれて、
逆に「トレンド感知型」でロングエントリーできる状態になりましたので、
ナンピン的な感じで追加のロングをしました。

 

私は普段はナンピンはしませんが、恋スキャDXの場合は、
FX-Jin氏の動画にあるように、追加で1回はナンピンする事もあります。

 

その後は、移動平均線付近まで上げたあたりで、まとめて決済となりました。
koisca042604
このようにナンピンすれば、勝率を上げる事につながりますが、
仮にうまくいかなかった場合は、当然のことながら、
損失幅も大きくなってしまいます。

 

このトレードに関しても、もしも戻してくれなかったら大幅損失となって、
今日のそれまで獲得した利益のほとんどを失っていたかもしれません。

 

ナンピンは癖になると、それに頼ってしまい依存性が強くなる劇薬と一緒です。
ですので、初心者の方は絶対にやらない方が良いです。
コツコツドカンの典型的な負けパターンになってしまいます。

 

所定の位置まで逆行したら潔く損切りすることが大切です。

 

後から振り返ると、この日に関しては、円安の動きに固執しすぎて、
チャートの動きが見えていなかったようです。反省です。

 

FXトレードを短時間でぱぱっと終わらせたいなら、、、
恋スキャFXビクトリーDX完全版、ぱぱっと読めない詳細レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ