FXトレーダーに必要なのは、適切な対処?正しい対処?

トレードという行為を、
未来のチャートの動きを予測する事
と思っていませんか?

 

トレーダーは意識する、しないに関わらず、
知らず知らずのうちにそうした目線でチャートを見てしまう傾向にあります。

 

でも本当に必要な事は、未来を正しく予測する事ではないはずです。

 

本当に必要な事とは、
現時点のチャートの形状などを適切に分析し、
現時点で買い優勢なのか、売り優勢なのかを適切に判断し、
現時点トレード執行に価値ある状態なのかを見分ける事です。

 

例えば、レートが上値抵抗線付近まで上げてきて、
「ここを抜けていけば、上昇トレンドになる」
という場面はよくあります。

 

また、上昇トレンドの最中の一時的な調整の下げが起きており、
「再度上げてくれば、押目買いができるかも」
という場面はよくあります。

 

そうした場合は、これから起こる未来の出来事を予測するのではなく、
上値抵抗線を抜けた事実、調整の下げが終わった事実を認識して、
適切に対処していく」事が求められます。

 

俗にいう「相場のことは相場に聞け
という格言をそのまま実行する能力が必要なわけです。

 

「今、突きつけられている客観的事実を認識して、
それに対して適切に対処する」

 

それがトレードを行うという事です。

 

しかし、今突きつけられている客観的事実を認識しても、
それがいつも正しい判断とは限りません。

 

上値抵抗線を抜けた事実を認識してロングしたのに、
再び、上値抵抗線の下へ戻ってしまう事もあります。

 

仮にそうなってしまった場合でも、
戻ってしまったという事実を認識して、それに対して適切に対処するだけです。

 

つまり、損切り、もしくはストップの設定値まで様子見するだけです。

 

FX初心者の人には、損切りにあわないように、
ダマシ回避の方法をいろいろ模索してみたり
また、ダマシにあってしまった場合に、
その原因は何なのか、いろいろ調べている人もいますが、
そうした行為は、トレードの上達とはあまり関係ないように思います。

 

こうした行為は、
トレードに確実性や聖杯を求めている心理状態となっている証拠です。
相場の不確実性を心から理解、納得していない事の表れです。

 

トレードとは、数学の方程式のように決まった答えがあるわけではありません。
いくらオシレータ系の数字をこねくり回して、四則演算を繰り返しても
正しい答え、聖杯は見つかりません。

 

トレーダーに必要なのは、適切な対処であって、正しい対処ではありません。
適切な対処と正しい対処は、意味が違います。
不確実性の中での正しい対処はできないはずです。

 

トレードとは、ただ事実を認識して、
傾向に則って今を適切に対処する行為の事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ