トレードを勝ち負け主体で考えるのは間違い

FX初心者のみならず、トレーダーは心のどこかで
勝ち負け」でトレードを考えています。

 

このトレードは30PIPS獲れたから、良いトレードだった
このトレードは-20PIPSの損切りだったから、悪いトレードだった
自分が意識するしないに関わらず、
結果として資金が増減してしまう以上、
誰でもそのように考えてしまいがちです。

 

しかし実際には、トレードは勝ち負け、獲得PIPSで考えるのではなくて、
適切であったか、適切でなかったか、で考えなければいけません。

 

適切という表現は抽象的かもしれませんが、
個々のトレードにおいて、
エントリーに至るまでの考え方、
実際のエントリータイミング、
ポジション保有中の考え方、
ポジション保有中のとるべき行為、
クローズに至るまでの考え方、
実際のクローズのタイミング、
などが、事前のシナリオ、自分のルールどおりに行うことができたか、
という事です。

 

これら一連の流れをきちんとこなしたトレードならば、
勝ち負けに関わらず、適切なトレードとして評価すべきです。

 

勝ちトレード=正しいトレード
負けトレード=間違いトレード
ではありません。

 

当初の予定通りに行動できたトレードが、適切なトレードです。

 

たとえ損切りとなってしまっても、
それが当初の予定通り、シナリオどおりの位置で損切りできたならば、
それは間違いトレード、失敗トレードではなく、
正しい行動のもとの適切なトレードです。
何も悔しがる必要はありません。

 

逆に、当初の予定の損切り位置に到達しても、
損切りせずに躊躇したり、ストップ位置をずらしたりして、
損切りを遅らせる行為は、間違った行動であり、不適切なトレードです。
この場合は、大いに反省しなければいけません。

 

利確の場合もそうです。
利益確定後、チャートが更に伸びてしまったとしても、
当初の予定通りの位置で利確できたならば、
それは正しい行動のもとの適切なトレードであり、
その後のチャートの伸びを悔しがる必要はありません。

 

逆に、当初の予定の位置まで伸びるのを我慢できずに、
何となく嫌な雰囲気がするからとか、
心理的に耐えられないという理由から、早く利確してしまう行為は、
たとえそれが利益となったトレードであったとしても、
それは間違いトレードであり、不適切なトレードです。
この場合も、大いに反省しなければいけません。

 

トレードは勝ち負けで考えるのではなく、
適切か適切でないかで考えるべきです。

 

あなたは今チャートを見ています。

 

これからあなたのとる行動は、トレーダーとして、適切な行動ですか?
それとも、勝ち負けの欲に駆られた不適切な行動ですか?

 

今一度、自分の心の中に問いただしてから行動してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ