3R-リアルFXではいくつの時間軸を使うのか?

3R-リアルFXはスキャル、デイトレ、スイングのどれにでも使えますが、
そうした名称分けとは関係なく、基本的には

執行時間軸を1つ決めて、
それより大きな2つの時間軸で環境認識を行う手法

だと思ってください。

例えば、5分足を執行時間軸に決めたら、
15分足と1時間足で環境認識を行う。

15分足を執行時間軸に決めたら、
1時間足と4時間足で環境認識を行う。

1時間足を執行時間軸に決めたら、
4時間足と日足で環境認識を行う。

という感じです。
(ちなみに、3R-リアルFXでは30分足は使っていません)

そして、3R-リアルFXをデイトレで利用するとなると、
15分足を執行時間軸にして、
1時間足と4時間足で環境認識を行うのが妥当でしょう。

逆張り、順張り織り交ぜて

昨日の月曜日、3R-リアルFXでトレードしてみました。
デイトレですので、15分足を執行時間軸にしています。

この日は週初、且つ、祝日だったので、
東京時間は値動きが乏しいと判断して、
ロンドン時間からのチャート監視です。

以下のチャートでは、
限定特典「B/B Arrow」インジケーターを設定していますので、
ボリンジャーバンドと青色矢印赤色矢印
自動で表示されるようになっています。


EURUSDの15分足チャート
eurusd15m17071801
最初の横向き青色矢印のところでロングエントリーして、
次の横向き青色矢印のところで決済しています。

これは、逆張りの突っ込み買いですね。

個人的には逆張りは苦手で、
特に、突っ込み買いの経験は多くはないですが、
このトレードでは、エントリー後は順調に上げてくれました。


USDJPYの15分足チャート
usdjpy15m17071802
最初の横向き赤色矢印のところでショートエントリーして、
次の横向き赤色矢印のところで決済しています。

これは、順張りのブレイクアウト売りですね。

いわゆる、スクイーズ経過後のエクスパンション狙いでしたが、
この日はロンドン時間以降も動意が少ない状態が続いたので、
最初の決済ポイントで手仕舞いとしました。


AUDUSDの15分足チャート
audusd15m17071803
最初の横向き青色矢印のところでロングエントリーして、
次の横向き青色矢印のところで決済しています。

これは、順張りのブレイクアウト買いですね。

ちなみに、「B/B Arrow」インジケーターが矢印を沢山出していますが、
これら全てにエントリーするわけではないですよ。

15分足の場合なら、1時間足と4時間足の条件も加味した上で
期待値の高そうな矢印だけに従うようにします。


AUDNZDの15分足チャート
audnzd15m17071804
最初の横向き赤色矢印のところでショートエントリーして、
次の横向き赤色矢印のところで決済しています。

これは、逆張りの突っ込み売りですね。
というか、レンジでのカウンター売りでしょうか。

上記3つのトレードが終わった後に、
3R-リアルFXのエントリー条件を満たしそうな通貨ペアを
いろいろと探し回ったんですが、
AUDNZDがチャート的に逆張りポイントに位置していたので、
オマケのようなトレードです。

スプレッドが5PIPSほどもあったので、
利確位置に到達してもわずかな利幅で終わってしまいました。


result17071805
結局この日は4回トレードを行い4勝0敗、
合計+33.7PIPSの獲得となりました。

この日は全般的に値動きが乏しくて
思ったほど利幅が取れませんでしたが、
概ね、マニュアルどおりのトレーディングができたと言えるでしょう。

しかし、突っ込み買いにはやはり心理的な抵抗があります。
俗に言う、”落ちてくるナイフをつかむ行為”ですからね。

よって今後もマニュアルの復習とリアルLIVEセミナーの視聴を続けて、
ヒサヨシ氏のトレード観を身に付けていきたいと思っています。

リアルLIVEセミナーで本当のトレードを体感できる
3R-リアルFXの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

このページの先頭へ